SMAPコラム「Map of SMAP」

楽天ブックスが、SMAPやSMAPメンバーの旬な情報を、コラム形式でお届け!
Infomation
 世界に一つだけの花
MUSIC
Clip! Smap! コンプリートシングルス【Blu-ray】
ミュージックビデオを大幅に追加収録。
Infomation
 世界に一つだけの花
MUSIC
Clip! Smap! コンプリートシングルス
収録曲:シングル55作品の両A面曲を含む全63曲の映像を収録予定
Infomation
 世界に一つだけの花
MUSIC
世界に一つだけの花
TV:CX系ドラマ『僕の生きる道』(2003年1月〜)主題歌収録のシングル。
2016.9.28更新

命がけの美ーー香取慎吾連載「ブランドコンセルジュ」を読む。


飛び立つためのスタート地点

「Safari」という雑誌を初めて購入した。
分厚い、ものすごく分厚い。
表紙はトム・ハーディ。
ああ、彼も、こういう立ち位置の俳優になれるのにな、と思う。
トム・ハーディはいまハリウッドでも引っ張りだこだが、本国イギリスで主演した『レジェンド 狂気の美学』が素晴らしかった。
実在の双子ギャング、クレイ兄弟をひとり二役で演じているのだが、その演じ分けが完璧で、惚れ惚れするほどのスター映画だった。
視点というか軸足はノーマルな弟のほうにあるのだが、クレイジーな兄に扮したとき、トム・ハーディの、硬質な艶やかさは爆発する。
あんなふうに、彼も、完璧なヒール、感情移入など許さないような役を演じることができるはずだから、これからはそういうキャラクターをどんどん観せてください。
雑誌の表紙を眺めながら、はっきり祈った。

「ブランドコンセルジュ」は今月号で11回目だから、来月で連載開始から丸1年を迎える。
世界的なブランドを、香取慎吾さんがまわり、そこで感じたことをコメントするという内容で、基本的にライターのひとが、そのブランドについての情報を積み重ねていき、合間に香取さんのことばが入ってくるという構成。
おそらく、毎回配分は違うのだろうが、今回の「ポルシェ」では香取さんの分量はそれほど多くはない。
だが、それだけに、効く。

《常にスタート地点に立ち返りながらやっていけば、成長し続けることができる》

ポルシェは、1963年に初代が誕生した「911」の最新モデルを、いまも作り続けている。先端技術によって、伝統を更新しているのだ。

ほんとうに変わらないためには、変わり続けなければならない、という有名なことばがある。

移ろいゆく時代のはざまで、「かつて」に固執しても仕方がない。あのとき、うまくいったから、いまも、同じように上手くいく。そんなお気楽な他力本願は、もはや楽観主義ではない。違うのだ。何がほんとうに大切なことか、つまり「本質」を見極め、それを大事にしようとするならば、周囲から見れば大胆極まりない「革新」だって取り入れることができる。

変化する勇気こそが、普遍をかたちづくる。

香取さんはファッショニスタとして知られる。
彼の本を読んでいても思うことなのだが、ファッショニスタとは、命がけで美を追求しているひとのことなのではないだろうか。
命がけの美。
命がけの追求。
それは、演技をはじめとする彼のオフィシャルな表現を目のあたりにしても感じることであり、だからこそ、この連載での、かなり落ち着いたことばの数々も、逆に、彼の精神の底に横たわっている激情のような何かの反動のようにも思えるのだ。

彼の演技が伝える、底の知れなさも、だとしたら、理解できる。

もっと自由に。
もっと高く。

ポルシェ917ボクスターと共に写る気高い勇姿を見れば見るほど、香取さんにより一層羽ばたいてほしいと願わずにはいられない。

おそらく「スタート地点」とは、飛び立つ場所のことなのだろう。

成長し続ける香取慎吾さんを、これからも見つめていきたい。





相田★冬二

※このコラムは、楽天ブックスのオリジナル企画です。
※「Map of Smap」は、8月24日より毎週水曜更新に変更となりました。


前週のコラムを読む
翌週のコラムを読む
Safari (サファリ) 2016年 11月号
Safari (サファリ) 2016年 11月号

香取慎吾のブランドコンシェルジュ vol.11 ポルシェ

「Map of Smap」バックナンバー

2017.1.5更新
2016.12.21更新
「Map of SMAP」TOPにもどる

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る