2010年03月19日から
BONES-骨は語る-特集

BONES-骨は語る-特集

地上波放送でますます人気沸騰!骨だけが真実を知っている――“骨のカケラ”から難事件を暴く、『X-ファイル』『CSI:科学捜査班』を融合させた新感覚クライム・サスペンス!有能な女性法人類学者がタフなFBI捜査官と協力し、“骨のカケラ”から、頭脳と最新技術を駆使して難事件を暴いていく、タイトル通りズバリ“骨”に特化した新感覚ドラマ!
しかも、途中からでも見始めることが出来る1話完結型。シーズン1がお求め安い価格で再登場の今がチャンス!

地上波放送でますます人気沸騰!待望のシーズン4がついに登場!今からでも楽しめる♪

  • BONES-骨は語る- シーズン4 DVDコレクターズBOX
    BONES-骨は語る- シーズン4 DVDコレクターズBOX


    シーズン4の全26話を7枚のディスクに収録!収納にも便利なコンパクト仕様で登場。

    【見どころ】
    ブレナンが母性に目覚める! ブースとの関係に大きな進展があるのか!?
    ⇒パートナー以上恋人未満の2人。ブレナンの微妙な心境の変化がみられる。ブースとついに恋愛関係に発展するのか!?
    “日本人”がメインとなるエピソード(第23話)も収録。
    ⇒日本に興味を持った製作陣が、日本人をメインに添えたエピソードを製作。日本発のサブカルチャーも登場する必見エピソード。

【ストーリー】
イギリスに招かれたブレナンとブース。オックスフォード大学で講義したブレナンは、自分と同じ法人類学者のウェクスラー博士に誘われて、ロンドンの事件現場に足を踏み入れる。テムズ川から上がった車の中には、アメリカ人の実業家を父に持つポーシャ・フランプトンの遺体が残されていた。被害者がアメリカ人だったことから、ロンドン警視庁はFBIに捜査協力を要請。ブレナンは、ポーシャの遺体をジェファソニアンに送り、チームは鑑定を開始する。

ストーリーを簡単復習

BONES-骨が語る-とは・・・?
有能なる女性法人類学者がタフなFBI捜査官とコンビを組み、“骨のかけら”から難事件の謎を紐解いていく。ベストセラー作家キャシー・ライクスが、自身の体験を元に書いた原案を映像化するクライム・サスペンス。
【シーズン1ストーリー】
アーリントン墓地にある池から身元不明の遺体が発見された。FBI捜査官のブースはジェファソニアン法医学研究所の法人類学者ブレナンに協力を要請。分析の結果、被害者はベツレヘム上院議員の秘書で行方不明になっていたクリオ・ルイーズ・エラーだと判明する。彼女と上院議員には不倫疑惑があり、しかもクリオは妊娠していた。
【シーズン2ストーリー】
列車と乗用車の衝突事故により、多数の犠牲者が出た。うち一人はデイビス議員であり、乗用車に乗っていた遺体が大企業のトップであるリンチ氏であった事から、ブレナンらはこの事故には何か裏があると推測する。そして、リンチが衝突の6時間以上前に殺害されていた事が判明し、彼の不正経営や浮気、麻薬問題などが浮上する。
【シーズン3ストーリー】
ザックが研究所を去って3ヶ月。ブレナンはザックの後任者を決められず、研究所にこもりがちだ。そんな中、走行中の車に頭蓋骨が落ちてくるという奇怪な事件が発生する。その骨には人間に噛まれた跡があり、食人者による殺害が疑われた。捜査を進めていくうち容疑者が浮上するも、彼が秘密結社フリーメイソンの用いる生贄「父亡き息子」のポーズを取って死亡した事から、事件の背後にこれまでにない強大な影が浮かび上がる。



(C)2010 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

このページの先頭へ