トップ > 電子書籍 > 開催中のイベント > 早川ミステリーSF特集

早川書房創立70周年記念

開催期間:2015年11月27日(金)10:00〜2015年12月4日(金)9:59

  • 伊藤計画作品
    矢印
  • 早川SF作品
    矢印
  • 早川ミステリー作品
    矢印
  • 楽天Koboおすすめ作品
    矢印
  • グイン・サーガ
    矢印
伊藤計劃
PROJECT ITOH
伊藤計劃 イントロダクション
伊藤計劃 本人写真
PROFILE
伊藤計劃

1974年10月生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』で作家デビュー。同書は「ベストSF2007」「ゼロ年代SFベスト」第1位に輝いた。2008年、人気ゲームのノベライズ『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット』に続き、オリジナル長篇第2作となる『ハーモニー』を刊行。第30回日本SF大賞のほか、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門を受賞。2009年3月没。享年34歳。2011年、英訳版『ハーモニー』で、フィリップ・K・ディック賞を受賞した。オリジナル長篇第3作となるはずだった『屍者の帝国』は、盟友・円城塔によって書き継がれ、2012年に共著として刊行された。
 2014年、伊藤計劃作品のアニメ化「Project Itoh」が発足。2015年10月に『屍者の帝国』、11月に『ハーモニー』が公開された。また先日、『虐殺器官』についても新体制での制作継続が発表された。公開を楽しみに待ちたい。

映画化作品も半額!伊藤計劃作品
  • 虐殺器官

    虐殺器官

    通常価格:617円  →半額価格:309円

    ■早川書房電子書籍担当者からの、おすすめポイント

    最初に本書を手にとったとき、「虐殺を引き起こす器官ってなんだろう?」と考えたことをいまでも鮮やかに思い出します。その興味が読み進める動力となり、しかしそれだけにとどまらない重層的なテーマが、すっかり僕を夢中にさせました。まさしく「ゼロ年代最高のフィクション」。とはいえ、伊藤計劃作品は読み進めることが難しいわけではありません。たとえば魅力的な登場人物もたくさん登場します! 僕は煩悶を繰り返すクラヴィスにも大いに共感したわけですが、やはり虐殺の言語を操るジョン・ポールのラスボス感たるや……! 登場シーンは鳥肌が立つほど興奮しました。制作継続が発表されたアニメ映画ではどのように描かれるのだろう……そんなことを考えながら読むのも楽しいです。

  • ハーモニー

    ハーモニー

    通常価格:617円  →半額価格:309円

    ■早川書房電子書籍担当者からの、おすすめポイント

    映画を観ていただいてからでも、観る前でも楽しめるはず、とまずはお断りしておきましょう。三人の少女の奇妙な、しかしとても魅力的にうつる関係性の物語、という印象からはじまって、それがいつしか人類の存亡まで繋がる大混乱へと発展していくストーリイは、本当にあっという間に読み終えてしまいます。また、不思議なリアリティをもつ未来の描写も忘れがたいです。
     あと、本書ではhtml言語に着想を得た「etml言語」が一部に使われています。電子書籍というフォーマットで読むと、なにやらエラーが出てしまったかのようにも思えてしまいますが、それはあくまで仕様です。そのままお楽しみください!

  • The Indifference Engine

    The Indifference Engine

    通常価格:594円  →半額価格:297円

    ■早川書房電子書籍担当者からの、おすすめポイント

    本書は伊藤計劃が遺した「フィクション」をあつめた作品集です。短篇、漫画作品、長篇冒頭と全9作が収められているのですが(しかもどれもおもしろくて優劣などつけられないのですが)、個人的におすすめしたいのは「解説」です。著者表記は「伊藤計劃&円城塔」――つまり『屍者の帝国』に先駆けて、円城塔氏との合作がなされていたわけです! ギブスン&スターリング『ディファレンス・エンジン』の上巻に収録されたこの「解説」、実際は同じ世界観を借りた短篇とでも言うべき作品。さて、どのようにしてこの合作がなされたのか? 文章の成り立ちに思いを馳せながら読むのもまたおもしろいかもしれません。

伊藤計劃は、作家デビュー前からウェブサイト、のちにははてなダイアリーで定期的に文章を書いてきました。
特に映画には造詣が深く、独自の視点で書かれた映画評は膨大な量をほこっています。また、同人誌などに発表された作品も多数存在しており、映画評の大部分は『Running Pictures 伊藤計劃映画時評集1』『Cinematrix 伊藤計劃映画時評集2』に、そしてフィクション以外の文章、インタビューについては『伊藤計劃記録』()にまとめられています。今回のフェアの対象作品ではありませんが、上記3作とあわせて読めば、伊藤計劃という作家の一端がよりわかるかもしれません。

楽天Koboのおすすめの早川SF作品!
楽天Koboおすすめの早川ミステリー作品
楽天Koboおすすめ作品!
  • トッカン 特別国税徴収官
  • over the edge
    • over the edge
    • 著者名:堂場瞬一
    • 通常価格:778円
    • →半額価格:389円
  • リライト
    • リライト
    • 著者名:法条遥
    • 通常価格:605円
    • →半額価格:302円
  • 恋
    • 著者名:小池真理子
    • 通常価格:540円
    • →半額価格:270円
  • 喝采
    • 喝采
    • 著者名:藤田宜永
    • 通常価格:2,138円
    • →半額価格:1,069円
  • グイン・サーガ 正篇

    グイン・サーガ 正篇

    双子の遺児は、絶体絶命の危機を、グインという名のほかはすべての記憶を持たぬ豹頭の戦士に救われ、数奇な冒険行が始まる。人の運命のあらゆる形が描かれる世界最大のファンタジー・ロマン。

  • グイン・サーガ 外伝

    グイン・サーガ 外伝

    豹頭王と魔道師たちの対決、美貌の公子の幼少期、災厄を呼ぶ傭兵の少年時代など、正篇で語られることのなかった秘められた物語をつづる。正篇の謎を読み解く手がかりとなるエピソードも。

  • グイン・サーガ 続篇

    グイン・サーガ 続篇

    栗本薫の遺志を受けて、未完となった正篇の物語を、五代ゆうと宵野ゆめが、天狼プロダクション監修のもとで書き継いでゆく。新しいグイン・サーガの世界がここから始まる!

おすすめ特集 ご紹介


コミックがクーポンで20%OFF
コミックがクーポンで20%OFF

このページの先頭へ