電子ブック楽天Koboトップ   >  ハーレクインの大人気ヒーロー特集〜あなたの好きなヒーローは?〜

 

ハーレクインの大人気ヒーロー特集〜あなたの好きなヒーローは?〜

  • 人気No.1!傲慢系
  • シーク系
  • ラテン系
  • プリンス系
  • エロティック系

今月の新刊PICKUP!

ルシファーは罪深き僕

ルシファーは罪深き僕(僕:しもべ)

 蠱惑のエロティック・ロマンス──愛のささやきに陶酔する。18歳で若き侯爵に捨てられた令嬢は、悲しみを封印した…。
久しぶりに出席した社交界のパーティで、公爵令嬢エリザベスは高揚した気分を味わっていた。目が見えなくなってから人目を避けて暮らしてきたけれど、勇気を出して来てよかった。ところが知り合った紳士と会話を楽しんでいたとき、険悪な声の人物が割り込んできて、彼女を連れ去ってしまう。アリンウィック侯爵! いつもはエリザベスと距離を置く侯爵は、一方的に彼女をふしだらだと罵ると、獣のように野蛮に唇を塞いだ。エリザベスは動揺しながらもすぐさまはねつけた。かつて彼は視力を失いつつあった私を捨てたのだから……。

今月の無料おすすめ

星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋 上

星の王子と汚れた天使
−身体から始まる最後の恋 

 走り出した欲望を、心が追ってしまう。その先は愛。
お堅い風貌の会計士エルは、出会ったばかりのダンに誘われるまま一夜限りの淫らで激しいセックスをする。特別でもなんでもない。禁欲を始めた3年前までは毎日そうやってあの記憶を封じ込めてきた。驚くほどイッたあと彼にまた会いたいと言われ、エルはぞっとした。私は誰ともつき合わない。あんな過去を持つ私は、普通の恋なんてできないのだから。イタイけど切ない、切ないけど濡れる――愛と癒やしのエロティカ。

人気No.1! 傲慢ヒーロー 冷たい態度も罵倒も… すべては君への愛の裏返し。

砂漠の王子との恋 シークヒーロー 尊大な支配者が、灼熱のオーラで身も心も奪い去る!

ギリシア人 スペイン人  イタリア人との恋 ラテンヒーロー 生まれながらの情熱の血が、彼らを熱く駆り立てる

王子様との恋 ロイヤルヒーロー 高貴な身分ながら、恋は無礼講。華麗な言動が魅力!

誘惑者との恋 エロティックヒーロー すべては君への愛の裏返し。あなたを疼かせ、とろけさせる淫靡な愛の化身。

その他はこちら

ハーレクインコミックス

  • 罪つくりな遺言
    罪つくりな遺言

    エステサロンを経営するヘイリーのもとに思いがけない客がやって来た。ジャスパー・コールフィールド――富と名声と華麗なる女性遍歴で知られる不動産王。母親の再婚で義理の兄となった彼にヘイリーはほのかな憧れを抱いていたが、両親は離婚し3年近く顔を見ることすらなかった。今や時代の寵児となった彼がなぜこんな所に? 訝るヘイリーに彼は高圧的に告げる。彼女の店の所有権を買い取った。店を失いたくないのなら、自分と結婚するほか道はないのだと――!
    続く

  • シチリアからの誘惑者
    シチリアからの誘惑者

    ジャンカルロは、義兄が経営する会社の重役用ルームに入ると、若く美しい赤毛の女性に目を止めた。あれが社長秘書のナタリア・デイトン――義兄の愛人ともっぱらの噂で、僕の姉を苦しめている女か。一方、ナタリアは自分をじっと見据えているジャンカルロの視線に怯えていた。彼は誤解しているわ。私は彼の義兄の愛人ではないもの。でも、それを口に出せない理由があるのよ――ジャンカルロは決めた。金を渡すより愉しい方法で、彼女を問い詰めてやろうと。
    続く

  • 美女は天才がお好き
    美女は天才がお好き

    "あのガリ勉のちびが、どうすればこんな長身でハンサムな男性に変身できるの!? ローズマリーは13年ぶりに元同級生のウィリスと再会して死ぬほど驚いた。高校時代モテモテのローズマリーは彼を勉強しか能のないダメ男と見なしていた。それが今や有名大学の教授で、近々訪れる彗星の研究のためにこの町に戻ってきたのだ。しかもその間ローズマリーの家に滞在するというのだ! この家でふたりきりなんて無理! だって彼はあまりにも魅力的に変わってしまったんだもの…。 "
    続く

  • プレイボーイに魅せられて / 1
    プレイボーイに魅せられて / 1

    "地味だが優秀な看護師ロリィが雇われたのは、元大リーガーの有名人リード・ブキャナン。彼の祖母グロリアの自宅介護のためだ。グロリアは気むずかしく扱いづらい老婦人だったが、それも無理はない。ブキャナン家は、シアトルの外食産業を牛耳る大金持ちだというのに、孫たちはグロリアの見舞いにほとんど来ないのだから。ようやくリードが現れたのは、女性絡みのスキャンダルでマスコミに追われ逃げてきたからだった! ロリィは彼に、つい辛辣な口をきいてしまうが? "
    続く

このページの先頭へ