SPECIAL ビジネス・経済・就職
罪を犯した少女たちを救うのは誰か

法務教官ー少年院の先生を12年間務め、1000人以上の生徒を見て来た著者。その体験をもとに、女子少年院というこの特殊な鍵で閉ざされた世界を丁寧に説明したのが本書です。

 昨年10月、北海道で起きた女子高生による母・祖母殺害事件。彼女の「その後」が明確に見えたような気がしたのは、この本を読んでからだった。丁寧な施設や法制度の説明を読んだ上で筆者の体験を読んでゆくと、非行や犯行に及んだ少女たちの痛みが旨に突き刺さってきます。

ダ・ヴィンチ 2015年11月10日 17時

SPECIAL 小説・エッセイ
娘をも捨て駒にする、冷血な戦国大名・宇喜多直家が抱える悲哀 【直木賞ノミネート作】

自分の世界の法律となるのは、普通ならば、第一に自身の矜持だろう。だが、矜持は人を強くすれば、弱くもする。そればかりに固執しないところに、本当の強さがあるかもしれない。いざとなれば、善にも悪にもなる。そんな戦国武将の論理を描いた作品がある。木下昌輝著『宇喜多の捨て嫁』は、「オール讀物新人賞」を受賞し、第152回直木賞候補作にもなった話題作。

ダ・ヴィンチ 2015年11月10日 17時

SPECIAL
お買い物マラソン実施中!4,000冊以上がクーポンで40%引!

今なら、4,000冊以上がクーポンで40%引!伊坂幸太郎著『仙台ぐらし』や北野武著『新しい道徳「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』など話題作が対象です。もちろん、楽天Koboはお買い物マラソンの買い回り対象だから、ポイントを貯めるチャンスです!

2015年11月10日 17時

もっと見る