トップ > 電子書籍 > 開催中のイベント > 気になるあの人の読書生活  第1回 小室淑恵さん

  • 京極夏彦さん
  • 伊東潤さん
  • 木下半太さん
  • 赤川次郎さん
  • 園田涼さん
  • 犬飼恭子さん
  • 沖方丁さん
  • ハセベバクシンオーさん
  • 山田真哉さん
  • 石井てる美さん
  • 森岡亮太さん
  • 伊奈章之さん
  • 出雲 充さん
  • 粟飯原理咲さん
  • 宇佐美典也さん
  • 笠井友貴さん
  • 小室淑恵さん
  • 第6回 伊藤ゆりさん

小説を通して人の心理を学ぶ

―小室さんはかなりの愛読家であるとお聞きしています。普段どのような本を読んでいるんですか?
主に仕事の情報収集のために読むことが多いんですが、ビジネス書だけでなく小説もよく読みます。私はコンサルティングの仕事をしているので、自分より年配の管理職の方々の働き方を変える講座を行ったりするんですね。40〜50代の管理職の男性がどういうモチベーションで仕事をしているのかとか、組織における彼らの心理を的確につかんでいないと相手の働き方を変えてもらうというコンサルティングはできないんですよ。小説によく描かれている昇進昇格への葛藤であるとか、ヒエラルキーに対する思いなどが結構勉強になっています。
小室淑恵さん(こむろよしえ)
―電子書籍ユーザーになられて1年半くらいだとか。使い心地はいかがですか?
プライベートで出かけるときも、読めそうな時間があるときはとりあえずバッグに入れています。仕事のPCはいつも持ち歩いていますし、家族と一緒のときは子供たちの荷物だけでも結構な量になるので、自分の荷物は普段から極力少なくするように心がけているんですが、そういう面で小さくて軽いタイプのものは持ち運びにすごくいいですよ。
―どんなところがいちばん気に入っていますか?
本をすごくキレイに家の本棚に並べている人もいると思うんですけど、私は読み終わったらすぐ人にあげてしまうんです。自宅は子どもの洋服やおもちゃなどの育児用品が多くて、限られた収納スペースを本で埋めるということができなくて…。収納場所をとらないというのは、電子書籍の最大の利点かもしれませんね。

▲このページの先頭へ

育児の“隙間時間”を読書タイムに

―先日、ふたりめのお子様を出産されたそうですね。仕事と育児で多忙の中、読書の時間を捻出するのは大変だと思います
いまは、授乳の時間を読書にあてることが多いですね。赤ちゃんは私の腕のなかで半分ウトウトしながらミルクを飲んでいるので、こちらはひたすらジーッとしていないといけないんです。なかなかすんなり寝てくれないときは、30分以上寝かしつけにかかることもあるんですよ。その時間がすごく手持ちぶさたなので、あらかじめ授乳スペースの横に本をおいたりして、赤ちゃんの眠りが深くなってきたら手を伸ばします。あとは朝の起床時。本当は目が覚めたらすぐ動きたい派なんですが、しばらくベッドで添い寝してあげていないと子どもたちがぐずることも多いので、その数十分を読書にあてたりしています。
小室淑恵さん(こむろよしえ)
小室淑恵さん(こむろよしえ)
―本好きな人の中には、本をめくるときの紙の感触がいいという人もいますよね。
じっくりと本を読む人は“紙の質感”を大事にされるのかもしれませんが、私の場合、読書の環境がたいてい過酷なので何のこだわりもないんです(苦笑)。さっき次男の寝かしつけのお話をしましたけど長男はもっと大変で、眠るとき「背中をさすっててくれ!」と言うんですよ。私は彼が眠るまで、何十分も背中をなでたりトントンしていないといけないんです。そういうとき、片手で本が読めるというのはうれしい。普通の書籍って、片手でページをめくるのが難しくありませんか? でも電子書籍なら、ツンとタッチすればさくっとめくれます。あと毎日、朝の40〜50分を運動の時間にあてているんですが、自宅でエアロバイクをこぎながら読んだりもしていますよ。
―確かに、読書環境はかなり過酷なようですね!それでも読書の時間を作るというのは、小室さんにとって大切なことなんですね。
私は仕事と育児で24時間のほとんどを割かれているので、隙間・隙間の空いた時間に読んでいかないと本当に一冊も読めないんです。本を読まないと、確実に自分の中の情報量が足りなくなってきますね。忙しくて長いこと読めない期間もあるんですけど、久しぶりに本を手に取ると「これだ、これ!」っていう発見がいっぱいあって。読んだ本の内容が、翌日のコンサルティングに生かされるということも多々あります。
―今後、電子書籍Koboをどんな人に利用してもらいたいと思いますか?
たとえば仕事もしていて、なおかつ家族のために育児や介護もがんばっている…1日24時間ではとても足りない、という方々にぜひ使ってもらいたいです。そういう人たちは、日々の生活をまわすのにとにかく精いっぱいで、これまで本からの情報収集や自己研鑚の時間を削らざるをえなかったと思うんですね。電子書籍は、時間に制約がある人にも本に触れる機会をもたらしてくれます。本から得られる“豊かさ”というのは、非常に多いです。今後の広がりが楽しみですね。

仕事と子育ての隙間時間に読書が出来るなんて!

▲このページの先頭へ

小室淑恵さんのオススメBOOKS

仕事のやり方を変えたい、人生を充実させたいと思っている人にぜひ読んでほしいのがこちら。
  • 「ほんとうの豊かさを手に入れる人生と仕事の段取り術」
    小室淑恵
    おすすめコメント
    仕事の効率を上げて残業を減らすノウハウや、豊かな人生を送るためのアイデアを記しました。
  • 「チームを動かす!リーダー術」
    篠田節子
    おすすめコメント
    高校生のときに初めて読んで、女性の社会進出の現状に対して強い衝撃を受けました。
  • PRESENT プレゼント
    坂之上洋子
    おすすめコメント

    私の大好きな友人のひとりである坂之上さんのメッセージ集。人生のヒントになる、素敵な言葉がたくさんつまっています。

▲このページの先頭へ

プロフィール

小室淑恵さん(こむろよしえ)
1975年東京生まれ。 (株)ワークライフ・バランス代表取締役社長。 ワークライフバランスコンサルタント。 現在、900社以上に対してワークライフバランス組織変革コンサルティング事業を手掛け、日本企業の組織風土にあった提案が支持を得ている。2012年11月に第2子を出産。
詳細はこちらhttp://www.work-life-b.com/
小室淑恵さん(こむろよしえ)

▲このページの先頭へ

楽天Koboは平日毎日更新!

  • 全品対象!ポイントアップ
  • 新着キャンペーン
  • 冒頭立ち読み企画!10分読書
  • スペシャルプライス 安い!
  • 新着キャンペーン

おすすめ特集 ご紹介


【楽天スーパーSALE期間限定】まとめ買いは今がチャンス!最大ポイント30倍
【楽天スーパーSALE期間限定】まとめ買いは今がチャンス!最大ポイント30倍

このページの先頭へ