サク読み 3分ですぐ読める

毎週水曜日に、空いた時間の3分でサクっと読めるコンテンツをお届けします。

2014年10月29日更新

楽天Kobo推薦 サク読み

書店員さんが選ぶイチ押しの本!

今回、書籍の「目利き」である書店員さんにイチ押しの作品を教えていただきました。読み応え間違いなしの作品をどうぞ!

「家族八景」 筒井康隆著 新潮社

「家族八景」筒井康隆著 新潮社

幸か不幸か生まれながらのテレパシーをもって、目の前の人の心をすべて読みとってしまう可愛いお手伝いさんの七瀬

彼女は転々として移り住む八軒の住人の心にふと忍び寄ってマイホームの虚偽を抉り出す人間心理の深層に容赦なく光を当て、平凡な日常生活を営む小市民の猥雑な心の裏面を、コミカルな筆致で、ペーソスにまで昇華させた、恐ろしくも哀しい短編集。

紹介者:川又書店 県庁店の渡辺店長

川又書店 県庁店

profile

─ご担当は何ですか?
店長です。

─趣味はなんですか?
1日2回の犬の散歩が日課です。
どんなに落ち込んで帰ってきても犬が尻尾を振って出迎えてくれると疲れが吹き飛びます。

─今後の野望を教えて下さい!
野望ですか…川又書店が1872年から続いている老舗なので、今後も変わらず地域の信頼に応え続けたいと考えております。お客さんの中には「川又書店だから来た」という方もいらっしゃいますので。渡辺が店長になって変わった…とは言われたくないですね(笑)

川又書店 県庁店

〒310-0852
茨城県水戸市笠原町978-25 茨城県開発公社ビル
URL:http://kawamatashoten.com/home/

今回も電子書店員Qが
インタビューを行いました。

─イチ押しの本は何でしょうか?
「家族八景」 筒井康隆著 新潮社
人の心が読めるかわいいお手伝いの女の子が、生まれ持ったテレパシーを使って色んな家庭の裏側のドロドロした事情を垣間見るという話です。
─読み終わったときはどんな気分になりましたか?
この本に出会った当時、私はまだ中学生だったのですが、言ってしまえば作品の「荒唐無稽さ」みたいなものにとても驚いたことを覚えています。
これを期に筒井さんにはまり『七瀬ふたたび』『エディプスの恋人』の七瀬三部作は全て読みました。
─1番お気に入りのシーン、セリフ、文章は何ですか?
本作は短編になっており、『亡母渇仰』が、一番インパクトがありました。これはSFでもありホラーと言ってもいいかもしれません。
─この本のPOPを作るとしたらどんなアオリ文を書きますか?
「SF御三家の一人、筒井康隆の初期の名作」
─普段は結構本を読まれるんですか?
店長をしているものですから、店内の面白そうな本を拾い読みして、読んだ気になってしまいますね(笑)
─でも、書店の店長になられたということは、もともと本好きだったのでは?
普通の生活、普通の人生を送っていたら本屋さんに勤めていました(笑)
ただ、仕事で本をさわっているとやっぱり面白いと感じますね。
─茨城県の開発公社の中にあるという、他店とは少し異なった環境の中で何か心がけていることはありますか?
休日には家族連れのお客様が多いですが、平日はビジネスマンの方が多いです。ですので、柔らかめより固めな本、専門書や文庫のスペースを広くとっています。
─電子書籍についてはどう思いますか?
書店サイドの考え方としては紙の本が売れにくくなるのではと考えていますが、個人的にはもっと安くなればたくさん買うのに…と思いますね。
─最後に作者さんに一言!
近年でもラノベである『ビアンカ・オーバースタディ』を執筆されておりますが、今後も既存の枠に捕らわれない名作を残していただき、読者や若手の作家に多大なる影響を与えて下さい。

気さくで明るい渡辺店長、お店の棚作りや今までの歴史、今後の川又書店について熱く語る店長の目はとても真摯で情熱的でした!!
「書店員イチオシの本」のコーナーはお楽しみいただけたでしょうか。
今後も全国津々浦々の書店員さんのイチオシ本について紹介していきたいです。

▲このページの先頭へ

電子書籍のキャンペーン・特集

オススメのキャンペーン&特集

お得なキャンペーン・特集 >>

楽天Koboは平日毎日更新!

  • 全品対象!ポイントアップ
  • 新着キャンペーン
  • 冒頭立ち読み企画!10分読書
  • スペシャルプライス 安い!
  • 新着キャンペーン
  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン