コミッククーポン20%OFF

トップ > 電子書籍 > キャンペーン・特集 > 司馬遼太郎特集

司馬遼太郎「街道をゆく」新規配信:楽天Kobo電子書籍ストア

電子書籍版がついに配信開始
累計1,180万部の人気シリーズ

日本の来し方行く末を見定めるため、今こそ読みたい著者のライフワーク
国内は北海道から沖縄、アジアの近隣諸国、ヨーロッパまで歩き、日本民族と文化の源流を探り、風土と人々の暮らしのかかわりを訪ねる。 (朝日新聞出版ご担当者様)

「街道をゆく」11―20 巻 新規配信!

  • 街道をゆく 1
    電子書籍 街道をゆく 1 司馬遼太郎

    旅はここからはじまった! 湖西のみち、大和・竹内街道、甲州街道、葛城みち、そして長州路……司馬史観が自在に展開するシリーズ第1弾。

  • 街道をゆく 2
    電子書籍 街道をゆく 2 司馬遼太郎

    1971年の連載開始から96年2月の急逝によって未完のまま閉じた司馬さんの旅は、日本国内にとどまらない。日本に最も近い外国・韓国。2000年の長きにわたる交流の歴史を持つ国を歩き、現代から過去へと遡る旅。

  • 街道をゆく 3
    電子書籍 街道をゆく 3 司馬遼太郎

    憧れだった東北南部の「陸奥のみち」、日本史に大きな役割を果たした、南九州の肥後と薩摩という、2県を合わせて命名した「肥薩のみち」。かつて日本版図の果てであった地域で生きた人々に思いを馳せる旅。

  • 街道をゆく 4
    電子書籍 街道をゆく 4 司馬遼太郎

    近畿・北陸の周辺にのびる古道をたどりつつ、古代から現代にいたる歴史を自在に往還する旅。鞍馬で800年前と変わらぬ形で山を守る清僧と出会い、花背峠で杣料理に舌鼓をうち、武生で自然破壊を憂う。

  • 街道をゆく 5
    電子書籍 街道をゆく 5 司馬遼太郎

    少年のころ、夢想の霧の中でくるまっているほど楽しいことはない。そのころの夢想の対象は、東洋史にあらわれてくる変な民族についてだった……憧れだった草原の国を訪ね、悠久の歴史と現在を誌す。

  • 街道をゆく 6
    電子書籍 街道をゆく 6 司馬遼太郎

    沖縄県では、本島よりもずっと南西に浮かぶ八重山諸島などを「先島(さきしま)」と呼ぶ。那覇にあって太平洋戦争の傷跡から「沖縄問題」を沈思し、離島を渡り歩き、アジア文化伝来の道を確かめる。

  • 街道をゆく 7
    電子書籍 街道をゆく 7 司馬遼太郎

    甲賀、伊賀、大和、淡路島、そして山陰の砂鉄のみちへ──。歴史の裏舞台で生き、そして支えた、かなしいまでに律義な、日本の職業人、とりわけ物つくり技術者の足跡と、そのありようを語る。

  • 街道をゆく 8
    電子書籍 街道をゆく 8 司馬遼太郎

    鉄砲は、未開の孤島ではなく鉄産業が高水準の種子島にやってきた。歴史の面白さである……。熊野・古座街道、豊後・日田街道、大和・丹生川街道、種子島など、山間の道、海の道を歩く旅。

  • 街道をゆく 9
    電子書籍 街道をゆく 9 司馬遼太郎

    桜井や海野の地名から、中世信濃の武士団の興亡を思った信州佐久平みち、耕作の土地に恵まれなかった人々の苦労の歴史にひかれ、新潟の低湿地を訪れた潟のみち、空海を思った高野山など、各街道を紡ぐ旅。

  • 街道をゆく 10
    電子書籍 街道をゆく 10 司馬遼太郎

    東北とは? 中学生のころ、箱根以東はひとつの世界だと思っていた著者が初めて訪れ、念願の最上川と対面する羽州街道。書誌をひもといて、地元の人々も知らない地を訪ねるなど、独自の「佐渡観」をあらわした佐渡のみちを収める。

  • 街道をゆく 11
    電子書籍 街道をゆく 11 司馬遼太郎

    地図の中で肥前の島々や浦々をたどっていると、にわかに貿易風の吹きわたるにおいを感じてしまう──唐津から平戸・佐世保をめぐり長崎へ。肥前の浦々を歩きつつ、大航海時代のオランダや英国、ポルトガルについて思いを馳せる旅。

  • 街道をゆく 12
    電子書籍 街道をゆく 12 司馬遼太郎

    十津川の農民の不思議さは、主観的には全村が武士だと大山塊の中で思いこんできたことである──奈良・吉野の山奥に広がる十津川郷の知られざる歴史を歩く。天?峠で天誅組の命運を、上湯で新撰組に追われた田中光顕らを思う興趣尽きない紀行。

  • 街道をゆく 13
    電子書籍 街道をゆく 13 司馬遼太郎

    朝鮮半島と日本の間に位置し、古来より鉄の海上輸送の経路となり、神話や伝承の上で不思議な様相を帯びつつ、日韓両国の人と文化の歴史的な交流の舞台となった「壱岐・対馬」。壱岐人と対馬人。性格の違う、この二つの島を訪れて、両国の関係に思いを馳せる。

  • 街道をゆく 14
    電子書籍 街道をゆく 14 司馬遼太郎

    伊予は愛比売で、文字どおりいい女という意味である。ずいぶん粋な言葉を県名にしたものだと思うが、おそらく松山の教養人が『古事記』を披いて、その判断資料にしたのではないか……大洲から宇和島、そして土佐との国境を越えて山岳地帯を辿り、四万十川沿いの土地を歩く。

  • 街道をゆく 15
    電子書籍 街道をゆく 15 司馬遼太郎

    函館を出発点に札幌、旭川、陸別へ──古代から幕末維新までの長い道のりをたずね歩く旅。原野を切り開いた開拓使や劣悪な環境で労働を強いられた囚人、屯田兵の時代を振り返り、アイヌとの抗争から台頭した松前氏の京風文化を思う。

  • 街道をゆく 16
    電子書籍 街道をゆく 16 司馬遼太郎

    「すべてが鬱金色のなかに沈んでいる。……私は、中世の光と影のなかへ連れ込まれてしまっている」。最澄が開き、後に時の権力と真っ向から対峙する一大勢力となった比叡山。法然、親鸞らの反逆者を生んだ中世最大の学林の様々な相貌を描く。

  • 街道をゆく 17
    電子書籍 街道をゆく 17 司馬遼太郎

    天草は、旅人を詩人にするらしい。まして詩人が旅人であれば、……若き日の北原白秋たちの面影を追いつつ、吟遊詩人を生む天草の風土を愛で、初期の幕藩体制を揺るがした島原の乱の遺跡をたどりながら、島原・天草の歴史を考える。

  • 街道をゆく 18
    電子書籍 街道をゆく 18 司馬遼太郎

    平泉寺の菩提林の美しさには聖と俗の痛烈な戦いがあり、それは幾重にも重なった二律背反の力学の上に成り立っていた……九頭竜川、日野川、足羽川が作り上げた越前の国を散策し、律令時代以降の歴史を振り返り、永平寺で道元を考察する。

  • 街道をゆく 19
    電子書籍 街道をゆく 19 司馬遼太郎

    蘇州の美しさの第一は、民家である。──江南(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)は、歴史を通じて日本との関係が深かった。大いなる古代文明を築き上げた長江流域である蘇州、杭州、紹興、寧波を巡りながら、日本史とのかかわりを探る。

  • 街道をゆく 20
    電子書籍 街道をゆく 20 司馬遼太郎

    かつて劉邦が治め、諸葛孔明が活躍した地・蜀(四川省)。諸葛孔明を祀った武侯祠を訪れ、『三国志』や英雄たちに思いをはせる。また、かつて雲南省で暮らしていた民族「西南夷」が日本人の祖先ではないかとの思いを巡らせ、昆明へ向かう。

「竜馬がゆく」全8巻配信中!

  • 竜馬がゆく(一)
    電子書籍 竜馬がゆく(一) 司馬遼太郎

    総発行部数2500万部超! 坂本竜馬の奇蹟の生涯を壮大なスケールで描く、司馬文学の金字塔、遂に電子化!土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時…

  • 竜馬がゆく(二)
    電子書籍 竜馬がゆく(二) 司馬遼太郎

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第2巻/黒船の出現以来、猛然と湧き上がっ…

  • 竜馬がゆく(三)
    電子書籍 竜馬がゆく(三) 司馬遼太郎

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第3巻/浪人となった竜馬は、幕府の要職に…

  • 竜馬がゆく(四)
    電子書籍 竜馬がゆく(四) 司馬遼太郎

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第4巻/志士たちで船隊を操り、大いに交易…

  • 竜馬がゆく(五)
    電子書籍 竜馬がゆく(五) 司馬遼太郎

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇跡の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第5巻/池田屋ノ変、蛤御門ノ変と血なまぐ…

  • 竜馬がゆく(六)
    電子書籍 竜馬がゆく(六) 司馬遼太郎

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第6巻/薩摩と長州が力を合わせれば、幕府…

  • 竜馬がゆく(七)
    電子書籍 竜馬がゆく(七) 司馬遼太郎

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第7巻/同盟した薩摩と長州は着々と討幕の…

  • 竜馬がゆく(八)
    電子書籍 竜馬がゆく(八) 司馬遼太郎

    土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第8巻/慶応三年十月十三日、京は二条城の…

「燃えよ剣」上・下巻配信中!

  • 燃えよ剣(上)
    電子書籍 燃えよ剣(上) 司馬遼太郎

    新選組副長、土方歳三を描いた司馬遼太郎の代表作が、ついに電子書籍で登場。無類の面白さが貴方を待ち受ける。これぞ小説だ!不世出の小説家、司馬遼太郎さんには幕末に材を求めた作品がいくつもあります。そのなかで『竜馬がゆく』とともに特別な支持を集めてきたのがこの『燃えよ剣』。武州から出てきた土くさい田舎剣…

  • 燃えよ剣(下)
    電子書籍 燃えよ剣(下) 司馬遼太郎

    「かれはいったい、歴史のなかでどういう位置を占めるためにうまれてきたのか」(「あとがき」より)歴史と今を見つめ続けた司馬遼太郎さんが、自らにこう問いつつ新選組副長・土方歳三の生涯を鮮烈に描ききった『燃えよ剣』。下巻では物語もいよいよ佳境に突入。新選組も幕府軍の一角として加わり、薩長と激突した鳥羽・…

このページの先頭へ