トップ > キャンペーン・特集 > ゲーム > 圧倒的遊戯ムゲンソウルズ 圧倒的プロデューサー 新稲船敬二さんインタビュー

圧倒的遊戯ムゲンソウルズ 圧倒的プロデューサー 新稲船敬二さんインタビュー

2012年3月22日発売の新作『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』
その圧倒的プロデューサーである新稲船敬二さんに、本作品の圧倒的な面白さを聞きながら、謎に包まれたプロデューサーの素顔に迫りました!

『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』の圧倒的な魅力!

■まず、今回の作品『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』をプロデュースした経緯について教えていただけますか?

新稲船敬二さん(以下:新稲船さん) 実は今まで色々なプロデュースしてきたんだよね。 今回のプロデュースは、確か、家のスタジオで封筒の糊付けをする仕事をプロデュースしていたときに、突然ボスから電話で呼ばれたんだ!ってのがオフィシャルの設定なんだ。でも実際、いきなり次回作のプロデューサーをやってくれと言われたのは本当さ。
圧倒的なゲームのコンセプトは頭にあったからね「これだ!」と思ったんだ。

■おお、すでに構想は練られていたのですね。

新稲船さん まあね、天性のプロデューサー気質だから、常に新作タイトルの構想は頭を駆け巡ってるよ。

■『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』の圧倒的な魅力について、教えてもらっていいですか?

新稲船さん 何度も言ってるけど、この作品のコンセプトは『圧倒的』。
簡単に説明すると、自称“圧倒的美少女絶対神”を名乗る「シュシュ」が、七色に輝く世界「七耀界」でその全てを“下僕”にして支配する圧倒的ハチャメチャRPGだね。
ポップでキュートなキャラクターたちが画面狭しと大暴れする、圧倒的に爽快な作品に仕上がってるよ。

■それは圧倒的ですね(仮) そんな圧倒的な制作の裏話などありましたら聞かせてください。

新稲船さん 実は、タイトル完成間近の時期に東京に雪が降ったんだ。雪を見るのはNYに住んでた時以来だったから、ついはしゃいじゃってね(笑)圧倒的な雪だるまを作って当時流行っていたステルスマーケティングをしてやろうと思ったけど、うっかり体調を壊してしまったんだ。その日から3日3晩寝込んでたよ(笑)
優秀なスタッフ達のお影でタイトルに影響は無かったけど、体を冷やして肝も冷やしたって訳さ(笑)圧倒的にすまん。

圧倒的プロデューサーの素顔に迫る!

■さて、謎に包まれた圧倒的プロデューサーの素顔に突っ込んでいきたいと思うのですが、新稲船さんは普段はどのようなことをされてるんですか?

新稲船さん そうだね、休日のだいたいは彼女とゲームをしているよ! 彼女は恥ずかしがり家みたいで、なかなかテレビから出てくれないけどね!

■はは・・そうですか(笑) そのほかにも、実際にゲームをやられることは多いのですか?

新稲船さん うーん、アクションやRPGもやってるけど、一番プレイ時間が多いのは『俺の嫁 -あなただけの花嫁-』かな?

■どんな判断ですか(笑)

新稲船さん 『俺の嫁』は毎朝遊んでいるよ。理想の嫁とあんな最高な日々を送られるゲームはいまだかつて無いね。
もちろん、店員に直接『俺の嫁いますか?』って聞いて買ったさ。
次回作はぜひ僕がプロデュースしたいね!

■以前は音楽もやられていたとお聞きしたのですが、どんな音楽だったのですか?

新稲船さん もちろんロックだね、それと演歌。10代の頃NYにいて、そこで音楽に目覚めたんだよ。ロックスピリッツにね。
そして日本に帰ってきたときに、演歌に衝撃を受けたのさ。いつの日かとメタルと演歌の融合をやってみたいと今でも思っているんだ。
そう、FUJI ROCK FESTIVALにも一度出てみたくてね。バンドを組んでいたときは生活も厳しくて、そこでデバッグの仕事を始めたのがコンパイルハートとの出会いだったんだ。
家電量販店でカメラの販売員なんかもして、それでやっと食べていけてたねえ。そのときに彼女とも出会ったんだよね。

■そんな時代もあったんですね(苦笑)
 新稲船さんの写真はポーズが独特ですが、これはもしかして・・・?

新稲船さん よくわかったね。もちろん「ジョジョの奇妙な冒険」を意識しているよ。あれはバイブルだね。「ジョジョ好きに悪いやつはいない」と言うのが僕の持論なんだ。

■やはりそうでしたか。 私も「ジョジョ」は好きなのですぐにわかりました。

新稲船さん やっぱり柱の男がいいね。特にワムウ。コロシアムでのジョセフとの対決は大好きだね。

■そこなんですね。私は2部でしたらシーザー対ワムウ戦が大好きです。

新稲船さん あれも良いね!今でもたまに読み返したくなるんだけど、昔の恋人に全巻貸したままなんだよね。 WRRRRRRYYYY!

■じゃあ、ぜひ楽天ブックスで全巻セットをお買い求めください(笑)

新稲船さん 商売上手だねえ。

■ありがとうございます(笑)。 新稲船さんは映画もプロデュースされたりするのですか?

新稲船さん 良い質問だね!実はショートフィルムは昔よく作っていたんだ。そのノウハウが『ムゲンソウルズ』のムービーにも盛り込んでいるので、ぜひ見てほしいね。

■ショートフィルムですか。やはりゾンビ系なのですか?

新稲船さん ゾンビ映画を撮っていたのはティーンの頃かな?
ステイツの仲間たちと撮っていたよ。懐かしいな。
あの頃はみんなロメロに影響されていたからね。
最近は、家の近くの廃屋で仲間を集めて撮ったりしてるんだ。
サム・ライミやトビー・フパーをリスペクトした作品を作ってるよ。

■なるほど、ご自身でも撮られるほど、映画がお好きなんですね。

新稲船さん そうだね。人に勧めるために映画ノートと言うのも毎回つけているんだ。

■それはおもしろそうですね。ぜひ一度拝見してみたいです。ちなみに一番お好きな映画はなんでしょうか?

新稲船さん やっぱり『スターシップ・トゥルーパーズ』 圧倒的量の虫たちと戦ってるのが最高だね。あれを見て、虫たちを下僕したいと思ってたんだよね。

■最後になりましたが、インタビューをご覧いただいている方々へメッセージをお願いします。

新稲船さん 『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』は普通の面白さじゃなくて、スルメイカを食べるような面白さかな。
噛めば噛むほど面白いので、ぜひじっくり時間をかけて遊んでみるのもいいと思うよ。
タイトルに「圧倒的」って付いているけど、「圧倒的」って思ってないでしょ?
どうせ普通遊戯だと思ってるんでしょ?
やってみなよ、圧倒的だからさ!圧倒的なんだよ!

■なるほど、圧倒的なんですね、どちらかと言うと私が圧倒されました(笑)
 本日はどうもありがとうございました。

3月22日発売 『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』

  • 圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ 限定版
    圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ 限定版 PS3

    “絶対神”を名乗る謎の少女「シュシュ」が七色に輝く世界「七耀界」を全て“下僕”にして支配する、 圧倒的ハチャメチャRPG!
    “下僕”をキーワードに繰り広げられるハチャメチャなストーリーや、 豪快なシステムの数々、見て楽しい、遊んで楽しいをモットーに圧倒的な展開をお届けします!

  • 圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ 通常版

※動画をご覧いただくには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe ホームページで入手(無料)し、インストールを行ってください。

圧倒的プレゼントキャンペーン開催中!

■キャンペーン期間
予約開始から2012年4月15日(日)23:59まで
■キャンペーン対象サービス
・楽天ブックス(PC・スマートフォン※iPhone以外)
・ケータイ版楽天ブックス(ケータイ・iPhone)
・iPhoneアプリ版楽天ブックス
・i-modeアプリ版楽天ブックス
■キャンペーン対象
キャンペーン期間中に以下をすべて満たした楽天会員の方
 ・楽天ブックス(PC・ケータイ)で「対象商品」いずれかを1点以上ご購入(ご注文完了)
■対象商品
圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ 通常版
JAN:4995857091829

圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ 限定版
JAN:4995857091812
■プレゼント内容
・新稲船敬二オリジナルグッズ入り誰得福袋 3名様
※Flashコンテンツをご覧いただくには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe ホームページで入手(無料)し、インストールを行ってください。

このページの先頭へ