トップ > キャンペーン・特集 > ゲーム > さよなら 海腹川背特集

さよなら 海原川背

予約特典さよなら 海原川背オリジナルサウンドトラック 詳しくはこちらをチェック

「海腹川背」とは、1994年にシリーズ第1弾となるスーパーファミコン用ソフト「海腹川背」、1997年に続編となるPlayStationソフト「海腹川背・旬」が発売。以降、様々な機種に移植を重ねているアクションゲームシリーズ。主人公の女の子海腹川背を操作し、フィールド内にあるゴールを目指すアクションゲーム。ルアーが先端についた伸縮自在のロープを壁や天井に引っかけて移動するラバーリングアクションと呼ばれる独特な挙動により今尚、多くのファンを魅了している。多種・多様な攻略ルートを思考するアクションパズル的要素や、プレイヤーの閃きと反復によって様々なテクニックなど修得していく達成感など、アクションゲーム本来の遊ぶ程に極まっていく奥深さがここに。


本作では、ゲームデザイン、プログラム、キャラクターデザイン、サウンド全ての要素を「海腹川背」のオリジナルスタッフの手で制作。原作から続くシリーズの魅力を損なうことなく、ニンテンドー3DSならではの新要素を盛り込み、初めて触れる方からシリーズファンまで幅広く楽しめる完全新作となっています。

これが伸縮自在の“ラバーリングアクション”
ルアーが先端についたゴムロープを駆使して進む“ラバーリングアクションゲーム”。ルアーを壁に引っ掛け、伸縮するロープの反動を利用して高い位置に登ったり、振り子運動を使って対岸に飛び移ったり、伸縮自在のロープが可能にする他の作品に例を見ない独特のアクション性が本作品の魅力!!
  • 海腹川背(20歳)シリーズを通しての主人公(通称:川背さん)。本作では20歳になり、少しだけ大人になった。流しの板前をしながら日本全国を放浪している。
  • 横山埜鼓(18歳)迷彩リュックの女子高生。その正体は、未来からやってきた時空警察の潜入調査員で、川背さんの子孫にあたる。
  • 川背ちゃん(9歳)小学校時代の川背さん。引越しが多かった為、同年代の友達との思い出は少ないが、江美子ちゃんと川で溺れたことはよく覚えている。
  • 江美子ちゃん(9歳)小学校時代の川背さん“川背ちゃん”のお友達。ノルウェーから漁業を学びに来た父親と山陰の港町出身の母親の間に生まれた女の子。
敵キャラのお魚たち
  • Nintendo 3DS さよなら 海腹川背
  • タイトル:さよなら 海原川背 ジャンル:ラバーリングアクション 対応機種:ニンテンドー3DS プレイ人数:1人用 発売日:2013年6月20日 発売予定
    ご購入はこちらから

「さよなら 海腹川背」の予約特典は、ゲームに使われている全18曲を収録したオリジナルサウンドトラック。楽曲は、ゲームデザインやキャラクターデザイン同様に、原作からシリーズの作曲を手がける本山淳弘氏と立川伸治氏によるもの。両氏が手がける楽曲の中には「海腹川背」及び「海腹川背・旬」の楽曲を本作品用にアレンジした"さよなら アレンジver." も収録されています。

予約特典は数に限りがございます。確実に入手したい方は、お早めに御予約を下さい。

さよなら 海原川背予約特典
【予約特典】 さよなら 海腹川背 オリジナル サウンドトラック
ゲーム中の全18曲を収録したフルサウンドトラック。ピクチャーレーベル&豪華デジパック仕様

【収録楽曲】

  1. 01: 空の青さ(インストアレンジ)
  2. 02: ときめきが目を覚ましている(インストアレンジ)
  3. 03: ゲームオーバー
  4. 04: フィールドセレクト
  5. 05: 銭湯
  6. 06: 団地
  7. 07: 学校
  8. 08: 居酒屋
  9. 09: 前には進めない
  10. 10: 親子
  11. 11: ふくれっ面

<さよなら アレンジver.>

  1. 「海腹川背」より
  2. 12: 川・下流
  3. 13: 川・上流
  4. 14: 川・渓流 
  5. 「海腹川背・旬」より
  6. 15: 多摩川
  7. 16: 浜 
  8. 17: 磯
  9. 18: 長瀞

©2013 Agatsuma Entertainment Co.,ltd. ©モーションバンク/スタジオ最前線

※Flashコンテンツをご覧いただくには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe ホームページで入手(無料)し、インストールを行ってください。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ