ページトップへ戻る
  • フェイスブックでシェアする
  • ツイッターでシェアする

日本財団 『これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~』

スペシャル特集vol.01『これも学習マンガだ!』選書委員対談 マンガナイト代表 山内康裕氏×日本財団 本山勝寛氏

「これも学習マンガだ!」
選書委員対談

「これも学習マンガだ!」100作品を選出した選書委員のお二人に自身のマンガ体験や、マンガの可能性について語っていただきました。

対談者プロフィール

  • 本山勝寛
    本山勝寛(Katsuhiro Motoyama)
    日本財団
    東京大学工学部システム創成学科卒業、ハーバード教育大学院国際教育政策専攻修士課程修了。
    日本財団で広報グループ、国際協力グループを経て日本財団パラリンピックサポートセンター広報部/推進戦略部ディレクター。同財団で、新規事業「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」を立ち上げる。著書に、『マンガで鍛える読書力』(サン マーク出版)、『頭が良くなる!マンガ勉強法』(ソフトバンク文庫)、『16倍速勉強法』、『16倍速仕事術』(以上、光文社)など。
  • 山内康裕
    山内康裕(Yasuhiro Yamauchi)
    マンガナイト代表/ レインボーバード合同会社 代表社員
    1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了。2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し代表を務める。
    イベント・ワークショップ・デザイン・執筆・選書(「このマンガがすごい!」等)を手がける。また、2010年にはマンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、マンガに関連した施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。主な実績は「立川まんがぱーく」「東京ワンピースタワー」「池袋シネマチ祭」など。「DOTPLACE」にて『マンガは拡張する』シリーズを連載中。「NPO法人グリーンズ」監事、税理士なども務める。

マンガを読んだら読書が好きになった

山内 まず、「これも学習マンガだ!」の立ち上げ人として、事業を始めたきっかけを教えてください。

本山私が勤める日本財団には「語り場」という名で新規事業を立ち上げるスキームがあります。チーム横断型のメンバーで話し合いながら会長や役員に新しい事業の提案をし、提案が通れば実際に進めるというもので、この「語り場」で私がこの事業を提案しました。
そもそもなぜ「マンガ」「学び」という切り口だったかというと、1つには、私が国際協力の事業をしていた時の経験が影響しています。
当時、「現代日本理解促進のための英文図書100冊」を選書して、世界中の研究施設や図書館に寄贈するプロジェクトを行ったのですが、武士道や日本の政治経済についての学術書がある中で、一番人気だったのが、マンガやアニメなど日本のPOPカルチャーについて英語で書かれた学術書だったんです。
その時に日本のマンガやアニメの持つ影響力を肌身で感じて、このパワーや影響力を何かに活用できないかな?と思っていました。

もうひとつは、私の個人的な体験によるものです。私は割と貧しい家庭で育って、あまりマンガを買ってもらえなかったんですね。ゲームもなかったし家に娯楽というものがなかった。ただ、『マンガ日本の歴史』シリーズは誕生日に1巻ずつ買ってもらっていたので、家に学習マンガだけはあったんです。他に読むものもないので、とにかく、そればかり読んでいました。暗記するほど何十回も読むうちに、自然と歴史が好きで得意になりました。それが小学生の頃のことです。
でも、読書は全く好きじゃなかった。読書感想文の課題が出ても、まえがきとあとがきを読んで適当に書いているような子だったんです。
転機が訪れたのは高校1年の時。『お~い!竜馬』をたまたま読んだら、めちゃくちゃ面白くて、夢中になって、しまいには「よし、俺は竜馬になるぞ!」と心に決めたほどでした。それくらいハマりましたね。

山内 学習マンガしか読んでこなかった人にとって、『お~い!竜馬』のようなエンターテイメントマンガはかなり新鮮だったんじゃないかと思いますね。

本山 そうですね。『マンガ日本の歴史』などの学習マンガは史実から離れることなく、歴史上の人物たちの想いが深いところまでは描かれず、いかにも「勉強」っぽい感じでしたが、『お~い!竜馬』では竜馬がとても感情豊かで、ずーっと泣いてたりするんですよね。私もまた当時多感な高校生だったので、そんな竜馬に感情移入して、竜馬はすごい!かっこいい!!と熱狂的に憧れるようになりました。
その後、市民図書館で竜馬の本を探していたら司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を発見したんです。司馬遼太郎のことは全く知らなかったんですが、「お、竜馬だ!」と思って手にとりました。本自体ろくに読まないのにいきなり長編なんて読めるかな?と一瞬躊躇したのですが、「竜馬好き」としては読むしかないと思って読んでみたところ、読破できたんです。
読破できた理由として、『お~い!竜馬』のおかげでイメージが頭に入っていたことと、前提知識があったことが大きかったと思います。『竜馬がゆく』を読んで、さらに竜馬や他の幕末の志士たちへの憧れが強くなりました。
これをきっかけに読書に夢中になっていきました。同じ司馬遼太郎の『坂の上の雲』等の歴史小説から始まって、歴史モノ以外の本もたくさん読むようになりました。

  • フェイスブックでシェアする
  • ツイッターでシェアする
このページをお友達に教える
  • ツイート
現在地
トップ > 特集 > スペシャル特集vol.01:『これも学習マンガだ!』 選書委員対談

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン