ページトップへ戻る
  • フェイスブックでシェアする
  • ツイッターでシェアする

日本財団 『これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~』

スペシャル特集vol.03ジャンル別インタビューシリーズ「芸術」能楽師 川口晃平氏

ジャンル別インタビュー「芸術」

「これも学習マンガだ!」の11ジャンル(※)を1ジャンルごとに各ジャンルの専門家が紹介するインタビュー企画。第2弾は「芸術」ジャンルを取り上げます。能楽師であり、漫画家のかわぐちかいじ氏を父親にもつ川口晃平氏に「芸術」選書作品についての感想や、マンガの力について伺いました。
(※)「文学」「生命と世界」「芸術」「社会」「職業」「歴史」「戦争」「生活」「科学・学習」「スポーツ」「多様性」の11ジャンル

プロフィール

  • 川口晃平
    川口晃平(Kohei Kawaguchi)
    能楽師
    シテ方観世流能楽師、梅若会所属。昭和五十一年、漫画家かわぐちかいじの長男と生まれるも、慶應義塾大学在学中に能に魅せられ、能の道を志す。大学卒業後の平成十三 年、五十六世梅若六郎玄祥に入門。その年復曲能「降魔」にて初舞台。平成十九年独 立の後、今までに能「翁」の千歳、能「石橋」「猩々乱」「道成寺」を披く。舞台に立つ傍ら、能楽普及のレクチャーを各地で行う。
  • 山内康裕
    聞き手
    山内康裕(Yasuhiro Yamauchi)
    『これも学習マンガだ!』選書委員
    1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了。2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し代表を務める。
    イベント・ワークショップ・デザイン・執筆・選書(「このマンガがすごい!」等)を手がける。また、2010年にはマンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、マンガに関連した施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。主な実績は「立川まんがぱーく」「東京ワンピースタワー」「池袋シネマチ祭」など。「DOTPLACE」にて『マンガは拡張する』シリーズを連載中。「NPO法人グリーンズ」監事、税理士なども務める。

ひとつの事に本気で取り組む人生を追体験

山内 今回選出された「芸術」ジャンルの作品を読んでみていかがでしたか?

川口なにかひとつの道を愛している人を主人公にした作品が多かったと思います。自分がこういう仕事(=能楽)をしているので身につまされました(笑)。平凡な人の中に、実はすごい素質が眠っていて、それが呼び覚まされることで平凡な人から非凡な人に変わっていったり、普段の生活ではなかなか出会わないジャンルのもの(将棋、能、落語など)に出会って、自分の生き方を見つけていくというような作品が多かったと思います。

山内 特に印象に残った作品は何ですか?

川口どれも面白かったのですが、『昭和元禄落語心中 』は芸事の話で、住み込みの内弟子も出てくるので、能の世界に近いと感じて、ぐっとくるシーンが多かったです。師匠と弟子の関係や、業界の決まりごとについても描かれていますよね。伝統芸能はとかく旧弊な世界だと思われがちです。 現代人からすると縁遠いし、自分がそこに入っていくという発想はなかなかないですよね。古臭い決まりごとに絶対従わなければいけない窮屈なところ、嫌なところ、と思われてもいるでしょう。でも、伝統芸能には現代社会にはない素晴らしさが必ずあります。私はこの道に入ってそれを日々ひしひしと感じていて、『昭和元禄落語心中 』を読んでいると、そういう気持ちが呼び覚まされました。

山内ヒカルの碁 』はどうでしたか?少年マンガの王道で読みやすいですよね。

川口絵が巧みできれいですよね。キャラクターも役割がしっかりしているから、見ていて安心できる。一方で、扱っている題材が碁というのが思い切っていますね。週刊少年ジャンプ(以下、ジャンプ)でよくやったな、と思います。

山内私は大学生の頃、『ヒカルの碁 』がきっかけでジャンプを再び買うようになったんです。『ヒカルの碁 』の魅力の一つは作品の中の時間と自分の生きている世界の時間がほぼ一緒に進むところだと思います。現実世界で1ヵ月たったら、ヒカルの世界も1ヵ月たっているんです。であるならば、ジャンプを毎週タイムリーに読まなきゃだめだ、と思って購読するようになりました。同じ時間を進んでいるからこそ、強い共感を呼びますよね。実際、当時ヒカルと同じ年代の碁を始めた子供は多かったと思います。

川口神童』もとても良かったです。父の言葉ですが、「映画にひとつだけマンガがかなわないことがある。それは、音楽が使えないことだ」と。たしかにそうだな、と私も思っていて。ところが、『神童』を読むと音楽の表現がとても優れているんですよね。特に音楽を魚が泳ぐ姿で表現しているところはすごい。ああ、この人は音楽を描ける人なんだな、と思いました。父の言うことはたしかにそうなんだけれど、読み手のイマジネーションによってマンガにも音楽が補完できるのかな、と思いました。

山内ちはやふる』はどうでしたか?

川口こういう「競技かるた」のような日本の伝統的なものにスポットライトを当ててくれるのはありがたいですよね。和歌の世界は能の世界にもつながります。この作品を子どもが読んで、自分の進む道の選択肢として競技かるたや和歌の世界が入ってくるととても良いですね。
ちはやふる』だけでなく、「芸術」ジャンルの各作品に登場する、何か1つのことに本気で取り組んでいるキャラクターを見て、自分の生き方に喝が入った気がします。自分が受け持ったもの、好きなものに対して、本気でその仕事や持ち場を愛して、本気で取り組む人がひとりでも増えたら、この国はもっとまともになっていけるんじゃないかと思います。「本気な人」の人生をマンガで追体験するというのは実はすごく教育上いいことなんじゃないかなと思うと同時に、マンガの力を再確認しました。

  • フェイスブックでシェアする
  • ツイッターでシェアする
このページをお友達に教える
  • ツイート
現在地
トップ > 特集 > 楽天ブックス: スペシャル特集vol.03:ジャンル別インタビューシリーズ「芸術」

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン