ページトップへ戻る
  • フェイスブックでシェアする
  • ツイッターでシェアする

日本財団 『これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~』

スペシャル特集vol.06ジャンル別インタビューシリーズ「科学・学習」大阪大学教授、理学博士(理論物理学、弦理論)橋本幸士氏

ジャンル別インタビュー「科学・学習」

「これも学習マンガだ!」の11ジャンル(※)を1ジャンルごとに各ジャンルの専門家が紹介するインタビュー企画。第5弾は「科学・学習」ジャンルを取り上げます。話題の超ひも理論等の研究者でありながら、大のマンガ好きでもある橋本幸士さんに「科学・学習」ジャンルの選書作品についての感想や、SFマンガの楽しみ方について語っていただきました。
(※)「文学」「生命と世界」「芸術」「社会」「職業」「歴史」「戦争」「生活」「科学・学習」「スポーツ」「多様性」の11ジャンル

プロフィール

  • 橋本幸士
    橋本幸士(Koji Hashimoto)
    大阪大学教授、理学博士(理論物理学、弦理論)
    大阪大学大学院理学研究科・教授、理学博士。専門は理論物理学、弦理論。
    1973年生まれ、大阪育ち。2000年京都大学大学院理学研究科修了。サンタバーバラ理論物理学研究所、東京大学、理化学研究所などを経て、2012年より現職。著書に『超ひも理論をパパに習ってみたー天才物理学者浪速阪教授の70分講義』(講談社サイエンティフィク)、『Dブレーン 超弦理論の高次元物体が描く世界像』(東京大学出版会)がある。Twitterアカウントは@hashimotostring
  • 山内康裕
    聞き手
    山内康裕(Yasuhiro Yamauchi) 『これも学習マンガだ!』選書委員
    1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了。2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し代表を務める。
    イベント・ワークショップ・デザイン・執筆・選書(「このマンガがすごい!」等)を手がける。また、2010年にはマンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、マンガに関連した施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。主な実績は「立川まんがぱーく」「東京ワンピースタワー」「池袋シネマチ祭」など。「DOTPLACE」にて『マンガは拡張する』シリーズを連載中。「NPO法人グリーンズ」監事、税理士なども務める。

『北斗の拳』を読んで科学者を志す!?

山内 橋本さんは物理学の研究者でいらっしゃいます。どんな研究をされているんですか?

橋本専門は理論物理学です。科学にはいろんな分野があって、学部名で言うと「工学」「理学」「医学」「薬学」なんかがあるんですけど、その中の「理学」に属します。物事の真理を見つめると言うんですかね。物の真理と書いて「物理」なんですけれど、その研究をしています。宇宙のはじまりと終わりについてや人間を作っている原子が結局何で出来ているのかとか、そういうのを数式を使って紐解いていく学問ですね。

山内ホットな話題だと重力波が最近ニュースになりましたよね。あれは重力波によって宇宙の根源が解明しやすくなったという事ですか。その程度しか分からず…。

橋本それだけで十分ですよ(笑)今おっしゃったのがまさにエッセンスです。重力波は重力の空間の歪みの波なんですが、それを望遠鏡でとらえることが出来たという事がすごく重要なんです。今まで見えていなかったものが見えた、と。見えたらいろいろ分かる事がありますよね。で、実際に新しいことがたくさん分かって、それであれだけフィーバーになっているんです。

山内解明というよりも望遠鏡の質が上がって見えなかったものが見えたという事だったんですね。

橋本そうなんですよ。なにせ重力波は理論から100年経っていますから、科学者はみんなずっと拝むように待って(笑)でも、おかげで新聞の一面にババーンと出て注目されて、基礎科学をやっている者としては100年経って社会とやっと繋がったことが凄く嬉しいです。

山内マンガ的に言うと「重力波」っていう名前がいいですよね。男の子は多分好きですよ(笑) 『宇宙戦艦ヤマト』の波動砲や『ドラゴンボール』のカメハメ波を彷彿とさせるような。

橋本たしかにネーミングは重要ですよね。例えばビッグバンなんかは非常にいいネーミング。ネーミングはある科学者が考えて、それが非常にキャッチーだった場合、一瞬で業界に広まるんです。初めは批判があっても結局、みんなそれを使うことになる。

山内僕は『聖闘士星矢』でビッグバンを知りましたけどね(笑)作中に「アテナエクスクラメーション」という必殺技が登場するのですが、これが「小規模ながらビッグバンに匹敵する破壊力」として描かれていたので、僕のビッグバンの最初のビジュアルイメージは『聖闘士星矢』のキャラとセットでした。

橋本マンガの良いところはやっぱり読むと直接経験したかのように感じられるところですよね。
それは、危険なところでもあるんですけども。

山内そうですね。間違った思い込みをしてしまうこともありますよね。

橋本科学の学習マンガを見ていると、素粒子が丸い球でバンバン飛んでいたりして事実とはだいぶかけ離れた感じなんですよね。元は数式なんですよ。そのままだと理解できる人が限られるから、まず数式を文章で説明する。そうすると事実じゃないものが少し含まれていくわけです。さらに分かりやすくするために、文章をビジュアルにするとまた一段、事実が曖昧になっていくわけです。そう考えるとマンガなんて「もうどれも全部間違っている」ってことになりますよね。でも結局は全部グレーで、そもそも事実かどうかが曖昧な世界なんですよね。科学者だって、ビジュアルのイメージから入って最終的に数式を出すこともある。大事なのは、そのグレーの度合いをちゃんと読む人がわきまえておくことなんじゃないかと。小学生向けなら、ここは本当の科学でここは創作なんだとちゃんと見分けられるものをすすめたいですね。

山内マンガには嘘があるから子どもにすすめたくないという話はよく聞きますね。でも、マンガと学習参考書は違う側面があると思うんです。今回「これも学習マンガだ!」の選書にあたっても、ダイレクトに学習につながる「嘘」がない参考書になるマンガではなく、学習のきっかけや入口になるマンガを意識して選びました。

橋本なるほど。たしかに、マンガは学習の入口として最適かも。でも、例えば僕が高校生向けの講演でマンガの話をすると、うしろで聞いている親御さんたちが嫌な顔をすることもあるんですよ。受験が大変なこの時期にマンガの話なんて…っていう。ただ、実際に講演を聞いた高校生から感想を聞くと、科学者もマンガを読んでいるということにとても興味を持ってくれていましたね。マンガがきっかけで科学者になるという事が実際にあるということを伝えることには意味があるんだなと感じました。

山内マンガをきっかけに科学者になったというのは?

橋本僕の場合、科学のマンガを読んで科学者を目指そうとしたわけではなくて、『北斗の拳』や『風の谷のナウシカ』がきっかけで。僕が高校生だった当時、「もう将来はないですよ」みたいなマンガが大流行していたんです。

山内1980年代ですか。冷戦の終わりの頃ですね。

橋本そうです。冷戦のニュースを毎日聞いていて、近々核戦争が起きるかも、なんて話も出てて。その横には『北斗の拳』が置いてあるわけですね。これは本当の話だなと。今のこたつにぬくぬく座っている世界から、明日にはいきなり荒野に放り出されるかもしれない。「もう将来がない」んだったら、じゃあ自分の人生は何をしたいかとか、何を楽しくやっていくべきかっていうのを考えて、それで科学者を目指すことにしたんです。

  • フェイスブックでシェアする
  • ツイッターでシェアする
このページをお友達に教える
  • ツイート
現在地
トップ > 特集 > スペシャル特集vol.06:ジャンル別インタビューシリーズ「科学・学習」

オススメのキャンペーン&特集

もっと見る

  • 買い物かご
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 購入履歴
  • クーポン