トップ > キャンペーン・特集 > Rpush!!Rakuten Musicがこれからブレイク間違いなしのアーティストを紹介していきます。

Rpush!!

楽天ミュージックが自信を持ってお薦めするネクストブレイク必至のアーティストを厳選してご紹介!最新アーティスト情報をイチ速くゲットしよう!

MONDO GROSSOインタビュー

“全部ある”は“何も無い”に等しい

mondogrosso
大沢伸一の原点ともいえるプロジェクトMONDO GROSSOが、6月7日(水)に6thアルバム『何度でも新しく生まれる』をリリースする。これはMONDO GROSSOとしての、14年ぶりのアルバム。今作は史上初の全曲日本語ボーカル曲であることや若手ボーカリストの起用など、MONDO GROSSOが新たな扉を開いた作品だ。

■望まれるからやるのであれば、それは僕のクリエイションじゃない
■僕の歴史のなかで、一番受動的な作品になった

──ここのところDJとしての活動が目立っていた大沢さんですが、最近はA Thousand Tears Orchestraをはじめ、AMPSではギターを弾いたりもしていて、活動スタイルに変化を感じます。

大沢伸一:そうですね。ここ10年くらいはDJ活動を精力的に行ってきましたが、誤解を恐れずに言うと、僕のなかでやりきった感じがあったんです。もちろん辞めるつもりではないですが、自分にとって仕事として向き合う音楽と、自身の音楽活動というのをうまく両立してやっていくのって難しいじゃないですか。本当に自分が満足するものだけをやるとなったら仕事を選ぶ必要があったりもして、そんなことここ数年、いや今も試行錯誤していて。最近はAMPSでライブ・パフォーマンスに立ち返ってみたり、プロデュース業も精力的に行っているのも、今の僕にとっては挑戦なんですよね。

mondo
──DJ業というのは体力的にも過酷な部分もありますよね。

大沢伸一:それに今、DJって音楽の入り口として簡単に見られている側面もあって。特に最近ではDJを始めて間もない人が、いきなり数百人規模のオーディエンスの前でプレイして、それでもフロアが盛り上がっちゃったりもしていて。この10年でダンス・ミュージックのシーンもガラっと変わり、それこそDJがロックスターのようになってきていて。僕もそんな時代のクラブ・シーンにいながら、“これは違うな”って思うこともありつつ、混沌としたシーンに巻き込まれていたんです。でも、今では、音楽家として自分らしく過ごせているかが、もっとも大切だと思うようになってるんですよね。

──そもそも、大沢さんがDJとしての活動を本格化させた理由は何だったのですか?

大沢伸一:ちょうど2003年に『NEXT WAVE』をMONDO GROSSOとしてリリースしたあとで、エイベックスに移籍したのが理由でした。『NEXT WAVE』のリリース・パーティーをエイベックスの松浦さんが見にきてくださって。そのとき当時ではまだ珍しいかったライブDJのパフォーマンスをしたのですが、それが発端でエイベックスに誘ってもらったんです。当時の僕もこれまでの音楽人生を振り返って、MONDO GROSSOに囚われず、やりたいと思うものを探していて。で、松浦さんからも“DJとしての大沢伸一の側面”を打ち出していこうということになって、それがエイベックスに移籍してからの僕のミッションでもあったんです。

──そして、今となっては伝説のプロジェクトでもあるMONDO GROSSOを14年ぶりに復活させました。その経緯も教えてもらえますか?

大沢伸一:復活させたというか、特に封印していたつもりもなくて、DJとしての活動をしていたら、思いもせず時間が経っていたんです。僕はちょっとひねくれたところがあって、“デビュー何周年”という活動の節目が好きじゃないので、これまでもそうやってMONDO GROSSOの活動も打診されても全部断っていました。今回、MONDO GROSSOとしての活動をスタートさせようと思ったのは、レーベルのA&Rに“大沢さんのためにもそろそろやったほうがいいですよ”って、説得されたのがきっかけでした。

──そこは、意外とシンプルな理由だったんですね。そして14年ぶりとなるアルバム『何度でも新しく生まれる』は、これまでMONDO GROSSOを聴いてきた身としては驚きもありました。birdさんをフィーチャーした「TIME」はかつての2人のコンビが生んだ「LIFE」と違うアプローチですし、先行シングル「ラビリンス」はディープハウス的な要素もあります。そういう意味でもポップスでありながらも、いろんな発見を感じられる作品ですが、大沢さん自身はこのアルバムにどんな意味合いを持たせたかったのですか?

大沢伸一:当初このアルバムを作り始めたときは、ここ10年くらいで自分が身につけた音楽やテクニックを反映させようとしていました。海外からのゲストを交えつつ、2017年版のMONDO GROSSOとして一歩先の音を狙う……そんな思いで制作をはじめてみたんですが、上手くいかなかったんです。

──それはまたどうして?

大沢伸一:今、思うと、最初はちょっと小洒落たものを作ってやり過ごそうって思っていたのかもしれないです。でも結局、自分にとって新しいと思える作品を作るにはテクニックや知識だけではダメなんです。それよりも自分にとって挑戦だと思えることや、革新的だと思うことに、飛び込んでいかないと作れない……っていうことに改めて気づかされて。なので、それまで作ったデモを捨てて、もう一度メロディから書こうと思ってできたのが「ラビリンス」で、このメロディができたときに、日本語の歌詞がストンと落ちてきたんです。最初はこの曲だけ日本語にしようかなと思っていたのですが……僕は迎合していると見られるのがとにかく嫌な人間だから、“ポップスに寄せてきた”とか “日本語できたか”って思われたくなかった。でも、僕自身がそういうことをやらないと思われているのであれば、その期待を裏切って、楽しんでもらうのもアリだなと。それなら全曲日本語でということになったんです。僕のキャリアとしてもそういった作品はなかったですし。

──近年はメロディから曲を書いたりはしなかったのですか?

大沢伸一:この10年くらいはやっていなかったですね。作曲家/プロデューサーとしての僕のことが好きで、例えば昔の「LIFE」みたいな曲を書いてほしいとか、そういうリクエストってやっぱりあるじゃないですか? でも望まれるからやるのであれば、それは僕のクリエイションじゃないし、自分がやりたいと思ったときにやればいいものだから、ここ何年もやってこなかったんだと思います。でも今は自然にメロディから書けるようになっていますね。それに今では、“大沢伸一って音楽家? DJじゃないの?”って思っている人も多いわけですし、むしろとこうやって作曲家としての自分を改めて打ち出していくのも、自分にとっては挑戦だなと思っています。

──とは言え、実際にこの作品で聴けるのはここ10年くらい大沢さんが培ってきたダンスミュージックのテイストもあったりして、ポップスとして聴ける範疇でありながらもそのサウンドは本格的という印象もありました。その辺はどんなバランスを意識したのですか?

大沢伸一:逆説的に言うと“意識しなかった”というのが正直なところですね。さっきも言ったように、フォーマットを決めてスタイリッシュに見せるのはテクニックであって、どうしてもプロデューサー的なやり方によってしまうんです。もちろんMONDO GROSSOのプロデューサーは僕ですが、同時にこれはパーソナルなプロジェクトでもあり、そこを全面的に出したいなと思ったので、この作品は好き勝手に作り散らかしたんです。で、最後に少しだけサウンドをトリートメントしただけという感じでした。だから一曲目の「TIME」と二曲目「春はトワに目覚める」なんて全然違う感じになっている。

──確かに、アルバムを聴くとそういった部分に驚きを感じます。あとはゲスト・ボーカリストのチョイスも面白いです。乃木坂46の齋藤飛鳥さんからINO hidefumiさんまで世代も幅広くて、野心的というか。

大沢伸一:このアルバムで野心的なのは、さっき言った全曲日本語の歌詞に加えて、もうひとつあって。これまで20数年間、MONDO GROSSOが忘れられずに存在し続けられたのは、このプロジェクトがもはや僕だけのものじゃなく、関わっている人がいてくれてこそだと思うんです。例えばアルバムに関わっているA&Rやマネージャー、デザイナーたちはみんなMONDO GROSSOに愛情があるし、彼らが考えるアイディアが悪いはずがないなと。であれば、今回はスタッフとコラボレーションをするのも面白いと思ったんです。なので、僕は琴線に触れるメロディと曲を書いて、そのあとのことはスタッフが提案するものに反応していきました。ゲスト・ボーカルに関して僕からお願いしたのはINOさんだけで、あとはスタッフたちのアイディアですね。

──それってプロジェクトを進める上でひとつの理想的なカタチではあると思うのですが、自分で曲を書いてたりするとどうしてもこだわりが出てきますし、なかなか出来ないことですよね。

大沢伸一:そのおかげで僕の歴史のなかで、一番受動的な作品になったと思います。僕だけの狭い知識で考えるMONDO GROSSOじゃなくて、このプロジェクトに近しくて、愛情深い人たちが考えるMONDO GROSSOっていうアイディア。それは大胆で、間違いがなくて、面白いんです。

──新作はセンスに溢れたポップ・アルバムですが、それこそ昔の『Mondo Grosso』とか『Born Free』とか、これまで知らないような新しい音楽を聴けるという感じとも違いますよね。そこが昔と今のMONDO GROSSOの差のような感じもします。

大沢伸一:これまでのMONDO GROSSOの作品って、僕が常に新しいサウンド・フォームを提案してきたと自負していますが、今回は作品に向き合うアプローチの仕方自体を新しく提案できたのかなって思います。結果論ではあるけど、僕がすべてを作るんじゃなくて、みんなで作るという。そんな風にしてアルバムを作るミュージシャンって、あんまりいないと思うんですよね。

──確かに、コラボといっても何かしらのコンセプトを持っていたりはするものですもんね。

大沢伸一:ええ、どこかでしっかりハンドリングされていたり。でもこのアルバムに関しては全曲歌入りで日本語の歌詞という以外にマスター・プラン的なものはまったく無かったです。

──考えられているように見えて、ごく自然発生的に生まれた作品なんですね。

大沢伸一:そういうことです。

mondo ■CDが売れないのは、音楽との付き合い方が変わっただけ
■音楽を好きな人を減らさないためにするべきことはある

──大沢さんはMONDO GROSSOをはじめ、birdさんのプロデュースをされていた1990年代~2000年代の音楽業界はミリオン・ヒットが連発し、CDバブルとも言われる好景気でした。その後、CDの売り上げの衰退の一途を辿り、現在ではインターネットを介した音楽の聴き放題サービス、サブスクリプション・サービスなども台頭し、音楽の聴き方は大きく変化します。大沢さんはサブスクに対してどんな印象を持っていますか?

大沢伸一:サブスクリプション・サービスにはとてもニュートラルな意見を持っています。というのもCDが売れないのは、音楽との付き合い方が変わっただけで、僕は音楽を好きな人の数は減っていないと信じています。そして、音楽を好きな人を減らさないためにするべきことはあると思っています。僕は若い世代の人が音楽に対して、どうやってリスペクトを持って価値を払うかということが、ちゃんと提示できていない気がするですよね。だからといってパッケージをもっと買ってほしいとも言えないし、だからといって全部タダというわけにもいかない。サブスクリプション・サービスはそんな合間から生まれてきたサービスなのかなって思いますね。

──確かに、インターネットの普及でお金を払わずとも音楽が聴けるようになった現在、改めて音楽に対して価値を付けるというのは、大切なことだと思います。

大沢伸一:僕が若い世代の方々に思うのは、音楽はもちろんアートでもファッションでも、そこに価値を見いだして所有することに喜びを感じているのなら、そこにもっとお金を払おうよって言ってあげることも大切だと思いますね。

──日本では著作権問題の事情もあり、海外と比較すると遅れてサブスクリプション・サービスが導入されてきた経緯もあります。そういった意味でもまだそれほど身近ではないというか、このサービス自体がまだそこまで浸透して使いこなしていないという印象もあります。

大沢伸一:これはとても難しい問題ですよね。例えばYouTubeのようにジャンルや年代を問わず“全部ある”っていう状態は、“何も無い”のに等しいと思っていて。ある程度音楽の歴史やジャンルを理解している人にとっては、自分が知らない音源にアクセスできたり、新しい発見があっても、最近音楽を聴き始めた人や、どんな音楽が好きかまだ分からないようなリスナーが、自分で聴きたいものをそこから見つけ出すのはほとんど不可能で、そうやって音楽への興味が無くなってしまうことが問題だと思っています。その点でも、サブスクリプション・サービスのようにある程度ジャンルが限定されていたり、自分が興味がある情報にアクセスしやすいという意味で可能性はありますよね。しかし、いずれにせよ、もっと音楽から音楽へと旅ができる仕組みというのを、考える必要はあると思いますね。

──ありすぎる=探せないのはその通りですよね。今大沢さんの話を聞いていて、アナログ世代の自分が、どうやって好きな音楽を知っていったのかを考えてみたら、音楽に詳しい先輩だったり、ショップの店員から情報を得たり、好きなレコード・ショップで試聴したり、買ったレコードのクレジットを見たりして調べたり……。

大沢伸一:そう、要はそういう仕組みがデジタル・ネイティブ世代が音楽を知るうえで必要だと思うんです。そうはいってもサブスクを始めとした今のストリーミング・サービスってあまり音楽を知らない人にとってはすでに丁寧すぎて、情報が多すぎるから、もっと限定しないとダメですね。これは少ないほど需要が起こるのと一緒で、より音楽を聴きたいと思わせたり、音楽への渇望を湧き起こすための仕掛けが大事かなと。

──確かに聴きたいと思ってもらうのは大事ですね。音楽に限って言えば、すでにコンテンツがあり過ぎて、それが原因となって音楽自体を自分から探求する気持ちが起きにくいのかなとも思います。

大沢伸一:MONDO GROSSOの新譜にも参加してもらったAMPSのボーカルの二神アンヌちゃんを例に挙げると、22歳の彼女と話していて感じたのは、望んでいる音楽に出会えていなくて、どうやって探していいのか分からないってことだったんです。で、僕がアンヌちゃんと同い歳の頃はニューウェイブにハマっていて、とにかく“人と違うことがアイデンティティだった”ということを説明したら、“それスゴイです、もっとそういう音楽を知りたい”って言われて、僕が薦めるアルバムが彼女を変えていったりもして。そうやって“良い音楽をもっと知りたい”って思っている人は今でもたくさんいるから、常に投げかけるというのもが大事ですね。僕も彼女と知り合う前は、半ば諦めていたというか。情報が溢れかえっている世代だから、何を投げかけたって刺さらないだろうって(笑)。でも、時代は常に変わっているんです。

──興味深いですね。大沢さんと二神さんがパーソナルな関係を通して、好きな音楽を見つけ出したというのは、先ほど大沢さんが言っていた音楽の旅とも共通するエピソードだと思います。もし“人と違う”アイデンティティを持った音楽を、インターネットに散らばった音楽のなかから自主的に見つけるのは、至難の業ですよね。

大沢伸一:それに僕はアンチテーゼが好きな人間なんで、最終的にはどこでも見られない、聴けないっていうものに価値があるんだろうとは思いますね。自分が一番大事にしているものってそんなに共有したくないじゃないですか? でも、それくらいパーソナルな感覚を持った、大事なものを伝えていく感覚が重要だなと思っていて。今のSNSとかを見ていると、この音楽やファッションを好きっていうこと自体がカッコイイかどうかみたいな、人からの評価に対する意識が前提にある感じがして。それって本質的には無意味じゃないですか? もちろんアーティストや芸能人、ファッションの活動をしている人にとっては、そういう情報が拡散して、その結果として大きなプロジェクトに結びついたりもするし、特に経済面では必要なのかもしれない。でも、大事なのって、パーソナルな体験をSNSじゃなくて、直接人に伝えることだなと。

──それを音楽の話に当てはめると、レコードの復権とサブスクリプション・サービスというアナログとデジタルの二極化が進む現状にも当てはまる気がします。

大沢伸一:そうやって間が無くなっているのが今の現実なんですよね。サブクスを使いながらも、本当に手に入れたい、所有したいと思う作品はレコードを買うという。例えば、僕の場合だと、人に伝えたいという一貫としてやっているのがMUSIC BARで、店にストックしているレコードはその場に来ないと聴けないし、その情報もその場所でしか得られないという体験を提供していたりもしています。

mondo ■音楽を聴くのって、その人の人生の一部を知るようなもの

──大沢さんは普段、サブスクリプション・サービスをどうやってお使いですか?

大沢伸一:使い込んでいるわけではありませんが、サブクスってアーカイブを掘るようなツールとして使われる印象もあって、それではもったいないし、サブスクを通じて新しい音楽をもっと知ってほしいと思って。すでに人気があるものを広めるのも大事だけど、そこで幅を広げるのも必要だなって思っていますね。

──この曲が好きな人にはこれもオススメというサジェスチョン・サービスがありますよね。でも、こういったサービスも、自分で買ったレコードのクレジットを調べて新しい発見を得るという行為では、感覚的な隔たりを感じることもあります。

大沢伸一:サジェスチョン・サービスはある程度は大事ですが、これも便利過ぎるとあまり意味がない。今、おっしゃったように一枚の好きなレコードがどんな時代背景から生まれて、どんな人が参加しているのかっていう調べ方って、やっぱり今の若い子はやらないというか知らないのかもしれないです。音楽を知るのも大事だけど、実はそこに秘められたバックグラウンドを知ることのほうが実際には大切だったりもするし、そうすることで音楽に対する理解はより一層深まっていく。音楽を聴くのって、その人の人生の一部を知るようなものじゃないですか? なので、サジェスチョン・サービスで新しい音楽作品とつながるだけじゃなくて、もっと気に入った作品のバックグラウンド情報が知れるような、より深く音楽と繋がれるような包括的な打ち出し方も必要だと思います。

──確かにどうやってサジェスチョンするかというのは、ひとつのポイントかもしれませんね。現在はさまざまな機能を謳ったサブスクリプション・サービスがあります。例えばRakuten Musicだど、聴き放題のサービスに加えて、そこから気になったアーティストのパッケージを購入する導線を設けてあったりもします。

大沢伸一:そういったやり方こそが、インターネットとフィジカルを繋ぐ唯一の方法じゃないかなって思います。以前にサブスクのストリーミングから、そのままアナログが買える仕組みを作ったら、すごくラディカルで面白いんじゃないかなって思っていたこともありました。Rakuten Musicが作っているパッケージへの導線というのも良いアイディアだと思います。

──ストリーミングとアナログというのは両極ですが、今面白いとされているものですよね。実際にレコードを買うと、今はほとんどの場合はデータでのダウンロード・コードがあったりもしますし。親和性がないように見えて、実はつながりがあるというか。

大沢伸一:やっぱり音楽の楽しみ方ってストリーミングで完結するほど狭いものではないし、パッケージを所有したり、プレイリストを作ったり、いろんな魅力があるから、そういう意味でもサブスクは音楽に興味を持つ入り口として機能していくとよいですね。それにアナログとデジタルという意味では、最近すごく面白いサービスがあって。Vinylify(アムステルダムを拠点にしたというスタート・アップ企業)っていう、オリジナルのアナログ・レコードをプレスしてくれるというものなのですが、最長で20分の音源をアップロード(自作の音源もしくは権利者にロイヤリティを支払うカタログから選べる。価格は50ユーロ)すると、10インチ・サイズのレコードにプレスしてくれ、デザインもテンプレートから選べるんです。試しに自分の音源をレコードにしてみようと発注してみたら、3週間くらいで手元に届いたんです。音質もけっこうよかったですし、何よりも世界に一枚だけの自分のレコードを簡単に作れるってすごいことですよ、値は少し張るのですが、実際に手元にレコードが届いたときに、これは価値のある買い物をしたって思えました。こんなサービスが日本でもあったらいいのにって思いますね。今はストリーミングとアナログという二極化が進んでいますが、この間を少しづつ埋めていくことも、今後の音楽シーンには必要なことだと感じています。

Rakuten Music(楽天ミュージック)ではMONDO GROSSO・大沢伸一がセレクトした「14年間で影響を受けた曲」をプレイリストで独占公開中。MONDO GROSSOとして活動を休止していた14年間で大沢伸一がいったいどんな音楽に触れていたのかを知れるプレイリストは必聴だ。

このページの先頭へ