トップ > キャンペーン・特集 > > TOEICテスト 絶対スコアアップ作戦 ―トップ講師からのアドバイス―

TOEICテスト 絶対スコアアップ作戦 トップ講師からのアドバイス

神崎正哉先生 エッセンス イングリッシュ スクール非常勤講師。神田外語学院、神田外語大学講師。中村紳一郎先生 エッセンス イングリッシュ スクール学校長。

いまや国内で働いていても、英語は避けて通れなくなってきました。社員の採用や昇進審査の際に、企業が英語力を測るツールとして広く利用しているのが、TOEICテスト。「700点以上が課長昇進の条件」など、具体的な目標を挙げている会社も多くあります。そうしたTOEIC対策用の教材は文字通り、数え切れないほど出版されているので、学習者は何をどのように使って勉強したらいいのか悩むのも当然でしょう。そこで、「講師全員が990点満点」というTOEIC対策の名門、エッセンス イングリッシュ スクールの中村紳一郎学校長と神崎正哉講師に、効果的な学習法についてうかがいました。

初心者の方へ

Q TOEICを1度受けましたが、さんざんな結果でした。どういうふうに勉強したらいいかわかりません。何かコツがあるのでしょうか?

神崎先生

神崎先生からのアドバイス
TOEICの回答はマークシート式ですが、スコアが500点以下の人は、半分くらいの問題を、正解だという確信がないまま、いわば当てずっぽうに解いていると思います。そのようなレベルの人は、いきなりTOEICの問題を解いて勉強するのではなく、中学3年間で習う英文法を復習できるような本から始めるといいと思います。

中村先生

中村先生からのアドバイス
TOEICは大学受験とは異なり、「英語を知っているかどうか」ではなく「英語がどれだけ使えるか」を測るためのテストです。単語を覚える、練習問題を解くといったことだけなく、英語のドラマを見たり新聞や雑誌を読んだり、普段からできるだけ多く自然な英語に触れるようにしてください。

Q 今までこんなに長い英語のテストは受けたことがないので、集中力が持つかどうか不安です。どうすればいいでしょうか?

神崎先生

神崎先生からのアドバイス
TOEICは2時間で200問を解くテストですが、それだけ長い時間集中力を保つのは、並大抵のことではありません。本番と同じように2時間で200問まとめて解く練習を何回かやって持久力を養ってください。集中力を維持するよい訓練になります。

中村先生

中村先生からのアドバイス
確かに1回の模試に2時間使えればそれが一番いいのですが、日常生活の中で実際に、2時間まとまった時間を確保するのは、なかなか難しいのではないかと思います。模試は必ず1回に全問解かなければならないというものではなく、「今日はリスニング、明日はリーディング」と分けてもいいし、パートごとに解いてもかまいません。そうして本番前に一度は2時間集中的に解く練習をしてみるといいですよ。

楽天ブックスおすすめの本はこちら

TOEICテスト新・最強トリプル模試(1)改訂新版

TOEICテスト新・最強トリプル模試(1)改訂新版
最新の出題傾向を踏まえた予想問題と簡潔でわかりやすい解説。600問すべてに正答率を表示。
購入はこちら

英文法TRY AGAIN!

英文法TRY AGAIN!
大学レベルの知識がたった7日間でおさらいできる、極め付きの文法書。
購入はこちら

新TOEIC test出る順で学ぶボキャブラリー990

新TOEIC test出る順で学ぶボキャブラリー990
受験53回、990点満点続出のカリスマ講師が「とっておきの得点アップトレーニング」伝授。
購入はこちら

苦手な分野を克服したい方へ

Q リスニングがどうも苦手です。何かいい方法があったら教えて下さい。

中村先生

中村先生からのアドバイス
NHKラジオの英会話講座に出てくるようなやさしい英語のスキットを、覚えてしまうくらい繰り返し聞くといいでしょう。会話の自然な流れがつかめるようになります。難しいものを何となく聞くのではなく、簡単なものでも、自分で使いこなせるくらい、しっかりと身につけることが肝心です。

神崎先生

神崎先生からのアドバイス
私は受講生の方に、パート3の会話文を暗誦することを勧めています。「暗記する」というと大変なように思えるかもしれませんが、10回声に出して読んでみると、ある程度覚えられます。でも、翌日になるとかなり忘れていますから、また10回声に出して読みます。これを1週間続けると、ほぼ確実に暗記できます。

Q リーディングセクションの問題を時間内にすべて解き終えることができないのですが、どうしたらいいでしょうか。

中村先生

中村先生からのアドバイス
リーディングの問題を最後まで解けないのは、読むスピードが遅いからです。そもそも、どのくらいの速さで英語を読めるか自覚している人は少ないと思います。まずは、自分が1分間に何語読めるか測ってください。リーディングセクションを時間内に解ききるには、1分間に最低でも150語読める力が必要です。1分間に150語というのは、おおよそ、パート4の問題が読み上げられる速さです。リーディングのスピードが150語未満の方は、パート4の文章を、CDを聞きながら目で追う練習をしてみてください。どれくらいの速さで読めばいいのかが体感できます。

楽天ブックスおすすめの本はこちら

TOEICテストリスニングBOX(解答・解説編)

TOEICテストリスニングBOX(解答・解説編)
使いやすい模試5分冊、CD5枚。量を5回分こなしてネイティブのスピードに慣れる。最新の出題傾向と対策もわかる。
購入はこちら

TOEICテストリーディングBOX(解答・解説編)

TOEICテストリーディングBOX(解答・解説編)
使いやすい模試5分冊。量を5回分こなして時間内に解き終える力をつける。最新の出題傾向と対策もわかる。
購入はこちら

新TOEIC TEST神崎式200点アップ術 上

新TOEIC TEST神崎式200点アップ術 上
現在のリスニングスコアから100点伸ばし、トータル600-860(リスニング300-430)獲得を目指します。
購入はこちら

高得点を目指す方へ

Q スコアを効率よく上げるには、どんなふうに勉強すればいいのでしょうか?

神崎先生

神崎先生からのアドバイス
模試を解いて、正解した問題と間違った問題に分け、正解したものについてはさらに、「自信を持って正解したもの」と「何となく解いたらたまたま正解だったもの」に分けます。このうち「間違った問題」と「たまたま正解だった問題」の解説を読んで、「なぜそれが正解なのか」をしっかりと理解します。TOEICでは、同じパターンの問題が繰り返し出題されます。だから、それらの傾向を忠実に反映した良質の模擬問題をたくさん解いて、先ほど述べたような方法で復習すれば、必ずスコアが上がっていきます。

楽天ブックスおすすめの本はこちら

TOEICテスト新・最強トリプル模試(2)改訂新版

TOEICテスト新・最強トリプル模試(2)改訂新版
最新の出題傾向を踏まえた予想問題と簡潔でわかりやすい解説。600問すべてに正答率を表示。
購入はこちら

TOEICテスト新・最強トリプル模試(3)

TOEICテスト新・最強トリプル模試(3)
3回分の問題を1セットごと別冊に収録。問題、CDとも1回ずつ分かれているので、本番さながらの練習ができる。
購入はこちら

新TOEIC TEST神崎式200点アップ術 下

新TOEIC TEST神崎式200点アップ術 下
現在のリーディングスコアから100点伸ばし、トータル600-860(リーディング300-430)獲得を目指します。
購入はこちら

プロフィール

中村紳一郎(なかむら しんいちろう)先生 エッセンス イングリッシュ スクール学校長。同校のTOEICテスト得点アッププログラムを開発。東京都立大学法学部卒業後、アメリカで経営学を学ぶ。TOEIC 990点、TOEFL (PBT) 657点、英検1級。著書・監修書に『TOEICテスト 新・最強トリプル模試』シリーズ、『TOEICテストBOX』シリーズ(ジャパンタイムズ)、『TOEIC TEST完全攻略3000語』(語研)など。
神崎正哉(かんざき まさや)先生 エッセンス イングリッシュ スクール非常勤講師。神田外語学院、神田外語大学講師。東京水産大学卒業、テンプル大学大学院修士課程修了(英語教授法)。TOEIC 990点、英検1級、国連英検特A級、Cambridge CPE。著書に『新TOEIC TEST「正解」一直線』(IBCパブリッシング)、『新TOEIC TEST読解特急』(朝日新聞出版)など。

おすすめ特集一覧

語学関連特集のほか色々な特集が満載です。ぜひご覧ください。

  • ケリー伊藤が教える「グローバルで通用する英語力UP」特集
  • 通勤時間で英語を学ぼう!特集
  • 資格カレンダー特集
  • TOEIC公開テスト

このページの先頭へ