トップ > キャンペーン・特集 > DVD・ブルーレイ > 第5回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞 特集

第5回 DEGジャパン・アワード ブルーレイ大賞

DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞とは

DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞は、DEGジャパンが主催し、1年間に国内で発売されたブルーレイソフトを対象として、ブルーレイの 特徴を最も生かした映画作品を、ユーザー投票・審査員投票によって審査・表彰するアワードです。



第5回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞では、 2012年1月1日~12月31日に国内で発売・販売されたブルーレイタイトル の中から、ブルーレイタイトルの制作においてブルーレイの特色を最も引き出し、特に優れた作品を選出し、表彰いたします。

( 審査委員が一堂に会する選考会にて審査を行い、ノミネート作品の中から各部門の受賞作品、グランプリ作品を決定。
  ユーザー大賞のみ、一般ユーザーからの投票より決定。)

※ BDA Title Award & DEGジャパン・アワード/ブルーレイTM大賞「ユーザー大賞」投票は 2012年12月26日をもって終了しました。




受賞作品発表・授賞式

2013年2月15日(金) 東京都内会場

東京都内で実施する授賞式にて各受賞作品の発表を予定。
またDEGジャパンのWebサイト(http://www.deg-japan.jp/)内でも発表致します。

アンバサダー 竹中直人氏、“オススメ !” タイトル

竹中直人

たけなか・なおと

1956年生まれ、神奈川県出身。 俳優、映画監督。1991年初監督 作品『無能の人』で第48回ベネチア 国際映画祭国際批評家連盟賞を 受賞。以降、『東京日和』(97年)、 『山形スクリーム』(09年)など、3年 に一度のペースで監督作品を世に 出している。

俳優だけではなく映画監督としての評価も高い竹中直人氏。
無類の映画ファンでもある氏のオススメタイトルは!?

2013年グランプリ受賞作
「ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット」

マーティン・スコセッシの映画愛が
100%伝わってきます!
ブルーレイでしか観られないあの美しい映像!
迫ってくる絵の力がまったく違います!
サラウンドも素晴らしい。
スコセッシ作品をここまで楽しめるなんて、
恐るべしブルーレイ!

2013年ベスト高画質賞・映画部門(洋画)受賞作
「ダークナイト ライジング

ブルーレイの立体感ある映像にノックアウト。
オープニングはもちろん、バットマンと警官隊 VSベインの
ゴッサムシティでの乱闘シーンなど、
本当にどこをとっても開いた口がふさがらない!
フィルム撮影だから出来る重量感がブルーレイから
溢れ出る!音響演出も秀逸でした!



2013年ベスト高画質賞・アニメ部門(洋画)受賞作
「メリダとおそろしの森」

最新アニメーションってこんなに凄いんだと
改めて感動!! 2Dで観ているのに、3Dじゃないかと
錯覚するほどリアルで、熊の毛並み、
メリダの髪の毛の表現、立体感に開いた口が
ふさがらないほど。
大画面で、夢中で楽しんでしまいました!

2013年ベストレストア/名作リバイバル賞受賞
「アラビアのロレンス 製作50周年 HDデジタル・リマスター版」

50年前の作品がこんなに綺麗に美しくなるのか!!
木々の緑も砂漠の砂もここまで再現出来るのだと、
修復スタッフの愛に感動です。
ピーター・オトゥールの美しさ!
肌の再現! 声まで最新の映画のように観えました!


第5回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞 受賞作品

ベスト高画質賞映画部門(洋画)

ベスト高画質賞映画部門(邦画)

ベスト高画質賞アニメ部門(洋)

ベスト高画質賞アニメ部門(邦)

ベスト高画質賞TVドラマ部門

ベスト高音質賞音楽部門(ポップス他)

ベスト高音質賞音楽部門(クラシック)

ブルーレイ大賞 過去のグランプリ

DEGジャパン (デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン) とは

DEGジャパンは映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが一体となって 次世代のデジタルエンターテイメント市場のさらなる成長を目的とする活動を行う 業界団体です。

DEGは1997年に米国で「The DVD Video Group」としてDVDの普及を目的に設立され、 会員となった映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが協力して活動展開を行う ことでDVDの普及において多大な貢献をしてきました。その後、活動目的を次世代 デジタルエンターテイメントの普及とし名称をDigital Entertainment Group (DEG)と 改め、DEGジャパンならびにヨーロッパのDEG Europeとともに幅広いホームエンター テイメントの普及活動をグローバルに展開しています。

さあ、想像力を超える体験を。Blu-ray Disc(TM)ハイビジョンの最高画質

DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞とは

DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞は、DEGジャパンが主催し、1年間に国内で発売されたブルーレイソフトを対象として、ブルーレイの 特徴を最も生かした映画作品を、ユーザー投票・審査員投票によって審査・表彰するアワードです。


第5回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞では、 2012年1月1日~12月31日に国内で発売・販売されたブルーレイタイトル の中から、ブルーレイタイトルの制作においてブルーレイの特色を最も引き出し、特に優れた作品を選出し、表彰いたします。

審査委員が一堂に会する選考会にて審査を行い、ノミネート作品の中から各部門の受賞作品、グランプリ作品を決定。
  ユーザー大賞のみ、一般ユーザーからの投票より決定。


※ BDA Title Award & DEGジャパン・アワード/ブルーレイTM大賞「ユーザー大賞」投票は 2012年12月26日をもって終了しました。


受賞作品発表・授賞式

2013年2月15日(金) 東京都内会場

東京都内で実施する授賞式にて各受賞作品の発表を予定。
またDEGジャパンのWebサイト(http://www.deg-japan.jp/)内でも発表致します。




【 BDタイトルアワード 】

グランプリ
ベストBlu-ray3D™賞
ベスト高画質賞
 ・映画部門 (洋画)
 ・映画部門 (邦画)
 ・企画映像部門
 ・アニメ部門 (洋)
 ・アニメ部門 (邦)
ベスト高音質賞
 ・音楽部門 (クラシック)
 ・音楽部門 (ポップス他)
 ・映像部門
ベストレストア/名作リバイバル賞
ベストインタラクティビティ賞
審査員特別賞
ユーザー大賞

【 アンバサダー 】 竹中直人 (俳優・映画監督)


【 審査員 (敬称略) 】


評論家
麻倉怜士(AV評論家) ※審査委員長
本田雅一(AV評論家)
藤原陽祐(AV評論家)

雑誌編集長
明智惠子(株式会社キネマ旬報社 キネマ旬報 編集長)
米崎明宏(株式会社近代映画社 スクリーン 編集長)
長谷川暢紀(株式会社エンターブレイン DVD&ブルーレイでーた編集長代理)
千葉栄(株式会社日之出出版 DVD&ブルーレイ VISION 編集長)
泉哲也(株式会社ステレオサウンド HiVi/ホームシアター編集部 部長)
岡政人(ぴあ株式会社 ぴあ映画生活/ぴあMovieSpecial 編集人)
吉岡広統(日経BP社 日経エンタテインメント! 編集長)
(順不同)

協会  社団法人日本オーディオ協会
DEGジャパン  機器メーカー会員


おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ