Office 2010 とは?

ジャンルから探す

マイクロソフト製品サポート窓口

購入前のお問い合わせ
マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター:0120-41-6755
9:30 - 12:00、13:00 - 19:00 (土日祝日、弊社指定休業日を除く)
詳細はこちら:
http://www.microsoft.com/japan/customer/info/phone.aspx

購入後のお問い合わせ
マイクロソフトサポート窓口:0120-09-0196
月-金 9:30 - 12:00、 13:00 - 19:00
土      10:00 - 17:00
日      10:00 - 17:00 (セットアップ、インストールについてのみ)

詳細はこちら:http://support.microsoft.com/select/?target=assistance

※掲載の電話番号、営業時間は2009年4月1日現在のものです。

Xbox360

Excel 2010

  • Office 2010 統合製品を購入
  • Office 2010 単体製品を購入

Microsoft Office Word 2010

新規機能のご紹介

条件付き書式

柔軟な条件付き書式で、強調表示がより分かりやすい

条件付き書式の色がグラデーションに対応し、よりデータが見やすくなりました。また、セルの真ん中に軸を設定し、正の値と負の値のグ ラフを左右に分けて表示できます。

機能強化

条件付き書式

クリックで画像拡大

ワンポイント

ワンポイント

クリックで画像拡大

スパークラインでは、折れ線がより見やすいようにマーカーをつけて強調することもできます。また、折れ線グラフだけでなく、縦棒グラフ、勝敗グラフを作成できます。

より使いやすくなったピポットテーブル、ピポットグラフとは

ピボットテーブルとは、一覧表になっているデータのうち、必要な項目のみを選んで、別の新しい表を作成できる機能のことです。ピボットグラフは、同じく、一覧表から必要な項目のみを選んで、新しいグラフを作成できる機能です。作成後も、マウスで簡単に項目を追加したり、削除できたりするので、大量のデータを色々な角度から分析したりする際に便利です。

例:下記の一覧表から、「地域」「製品コード」「売上額」だけを使って、ピボットテーブルとピボットグラフを作成

基になる一覧表の項目

基になる一覧表の項目

クリックで画像拡大

条件付き書式

クリックで画像拡大

その他のアプリケーション


ランキング

現在読み込み中です。

⇒全商品をチェック

リリース情報

現在読み込み中です。

⇒全商品をチェック

このページの先頭へ