中世の奈良
  • Googleプレビュー

中世の奈良 都市民と寺院の支配 (歴史文化ライブラリー)
安田次郎

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1998年10月
  • 著者/編集:   安田次郎
  • 出版社:   吉川弘文館
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  200p
  • ISBNコード:  9784642054508

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
中世の奈良では、支配する寺院の衆徒と、支配される民衆は、それぞれ自治組織を形成し、対立しながらも、金を融通する講や雨乞い、祭や芸能を一緒に営んでいた。宗教都市の繁栄と、そこに生きる人々の生活・行動を描く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
神々のいた時代ー序にかえて/中世奈良の成立(外京から四面郷へ/四面郷から七郷へ)/郷と郷民(七郷の機能と構造/小郷の機能と構造 ほか)/奈良惣中の基盤(領主の祭りと郷民/慣行・民俗行事 ほか)/衆徒の奈良支配(衆徒とは何か/質物・借物・徳政 ほか)/衆徒と地下の堂ーおわりに

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,836円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ