挑発する教育・格闘する若者
  • Googleプレビュー

挑発する教育・格闘する若者
下橋邦彦

1,836円(税込)1,700円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1998年10月
  • 著者/編集:   下橋邦彦
  • 出版社:   勉誠出版
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  258p
  • ISBNコード:  9784585050384

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
著者は、三十数年間、国語科の授業担当者として、「ことば」の問題を軸にすえ、教室の中の「私語」(わたくしことば)を挑発し、それをひろいあげ、できるだけ生身の人間としての「肉声」を伝えることをやってきました。本書は、そういう意味で、授業を仲立ちとして現われてきた学習者の姿を通して、世間に通用する価値観にあらがいながら、必死で自分の「ことば」を見つけようとし、自分を「表現」しようと格闘する若者像を、おとな・教員の側から描きだしたものです。今の学校制度のなかで、教員仲間との研究と協働によって、これだけのことはできるのだ、というギリギリの姿を、報告したものです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 学校をよみがえらせる着眼(子ども・若者の発語・沈黙をききとる力を)/1章 子どもの現実・「ことば」との格闘(登場人物に自分を重ねる-「山椒魚」「山月記」をとりあげて/流される「自分」に抗して-長田弘・日高六郎の評論などを通して/「現在」を問い「過去」を尋ねる-沢地久枝・阿部昭などの文章から)/2章 社会の現実・「ことば」による表現(日常を「事件」として捉える「生活体験文」/他者の世界に向き合う「聞き書き」/多様な学習を集大成する「インタビュー」/(補論)なぜインタビューか)/3章 学校の現実・「ことば」による解放(「声の文化」の復権-スピーチ活動の魅力/自己を解き放つ共同学習-汗と涙のルポルタージュ/(補論)表現学習の教材論・方法論・評価論(資料1・資料2)/総合学習の構想-教科の枠を越える授業の試み)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,836円(税込)1,700円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      NEWS あの日のままで
      NEWS あの日のままで

      元「NEWS」側近スタッフ一同

      1,300円(税込)

    2. 2
      【予約】【楽天ブックス限定特典付】宇宙につながると夢はかなう 新装版
      【予約】【楽天ブックス限定特典付】宇宙…

      浅見帆帆子

      1,296円(税込)

    3. 3
      100歳の精神科医が見つけたこころの匙加減
      100歳の精神科医が見つけたこころの匙加減

      高橋幸枝

      1,188円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】蘇える変態
      【入荷予約】蘇える変態

      星野源

      1,420円(税込)

    5. 5
      そして生活はつづく
      そして生活はつづく

      星野源

      626円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ