超・空挺砲艦「火龍」(1)
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > 小説・エッセイ

超・空挺砲艦「火龍」(1) 大逆転!ガダルカナル戦 (コスモノベルス)
陰山琢磨

925円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 超・空挺砲艦「火龍」(1) 486円
紙書籍版 超・空挺砲艦「火龍」(1) 925円

商品基本情報

  • 発売日:  2004年05月
  • 著者/編集:   陰山琢磨
  • 出版社:   コスミック出版
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  207p
  • ISBNコード:  9784774710358

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昭和12年、渡米した陸軍整備局統制課の視察団は、西海岸のシアトルで「空の要塞・B-17」を見せつけられ衝撃を受ける。報告を受けた陸軍省は四発の重爆撃機の独自開発を決定した。中島飛行機の設計陣は、陸軍の無理難題に苦しみながらも、空挺砲艦「火龍」を完成、誕生させた。新型機は強固な防衛装備と八八式7センチ加農砲をはじめとした大火力を誇り、敵戦闘機を上まわる速度で、護衛なしの爆撃が可能だった。ミッドウェイ海戦で惨敗した連合艦隊司令、山本五十六長官は、日本軍の攻勢限界点を悟り、ラバウルでの防衛・防備を決意し、いつしかニューブリテン島の陸海航空基地群は「ラバウル航空要塞」と呼ばれ、空挺砲艦「火龍」も連日出撃していた。米軍は昭和17年、ガダルカナルに上陸・進攻。友軍救出と威力偵察に陸軍一木支隊が投入され、同時に重襲撃機「火龍」部隊が出撃し、米艦隊を撃破、地上部隊を殲滅していく。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
陰山琢磨(カゲヤマタクマ)
兵器、戦略、戦術、呪術、科学、オカルト百般をこなす。特に、いついかなる時代であっても“異形の兵器”への愛と興味は尽きない。今後、軍事サスペンス、ポリティカルフィクション、冒険小説、SFなどに挑戦と、意欲旺盛に執筆、活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

925円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      世界一美味しい煮卵の作り方
      世界一美味しい煮卵の作り方

      はらぺこグリズリー

      972円(税込)

    2. 2
      人間関係の疲れをとる技術
      人間関係の疲れをとる技術

      下園壮太

      842円(税込)

    3. 3
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    4. 4
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部 宏治

      907円(税込)

    5. 5
      子どもの脳を傷つける親たち
      子どもの脳を傷つける親たち

      友田明美

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ