囲碁の源流を訪ねて
  • Googleプレビュー

囲碁の源流を訪ねて (日本棋院の囲碁読本)
白川正芳

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1999年03月
  • 著者/編集:   白川正芳
  • 出版社:   日本棋院
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  235p
  • ISBNコード:  9784818204485

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
囲碁を通した日中交流史。囲碁と文学とのかかわり、中国に清時代まであった謎めく「切り賃」が日本ルールと中国ルールの接点になっていて、「切り賃」が、実は現在の「二眼ないと死に」という日本ルールに残っていることなどが書かれている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 中国ルールでの打ち初め/第1章 『三国志』と囲碁(孔明、囲碁の名手費緯に後事を託す/関羽、碁を打ちながら手術を受ける ほか)/第2章 囲碁の起源と哲理(河図、太極図、囲碁/卑弥呼、謎の死 ほか)/第3章 囲碁の作り方、計算法の変遷(「この三子で負けた」/瀬越憲作「中国の棊界」から ほか)/第4章 囲碁の戦法(両生は断つ勿れ/窮すればすなわち変ず ほか)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,376円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ