【8月24日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
日本のゴーギャン
  • Googleプレビュー

日本のゴーギャン 田中一村伝 (小学館文庫)
南日本新聞社

648円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  1999年06月01日
  • 著者/編集:   南日本新聞社
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  245p
  • ISBNコード:  9784094033816
  • 注記:  『アダンの画帖』改題書

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
画壇に背を向け生涯、妻を娶らず自らの才能だけを信じ貧窮をものともせずひたすら絵をかいた六九年の軌跡。東京・千葉・奄美大島と移り住んだ一生を追う。伝説の日本画家田中一村のただ一冊の伝記です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
東京時代(米邨童/模範中学生/東京美術学校 ほか)/千葉時代(農業/座禅会/蓮上観音 ほか)/奄美時代(旅立ち/和光園/与論行 ほか)

みんなのレビュー

  • 地方の新聞社の書いた一村
    634トモ
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2009年04月26日

    奄美で独自の「神と人間の同居する」南の島・南国の世界を鬼気迫る筆致で日本画に納めた孤高の天才画家田中一村の生涯。千葉から奄美に渡り、大島紬の工場で最低賃金で働き、認められないながらも一生涯を本物の日本画を作るために捧げた人生。一村のゴーギャンに迫る迫力を、もう少し上手くまとめると良かったのにと非常に残念。これを読んでから、小林照幸著の「神を描いた男・田中一村」をお読みになることをお勧めします。鹿児島の南日本新聞社の編です。

    1人が参考になったと回答

  • ねこなべ6749
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2008年11月16日

    表紙の絵に一目惚れして、軽い気持ちで読みましたが、ひたすら感動しました。
    わたしも絵を描きますが、わたしみたいな者がこんな絵を描いててすみません..というような気持ちになりました...。
    奄美大島に、ぜひ作品を見に行きたいと思います。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年08月16日

    7月に奄美大島で 彼の美術館をみてきました。
    ただただ 衝撃のひとこと・・・
    作品集も 是非購入したいです。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

648円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】カエルの楽園
      【予約】カエルの楽園

      百田 尚樹

      561円(税込)

    2. 2
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    3. 3
      インデックス
      インデックス

      誉田哲也

      799円(税込)

    4. 4
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    5. 5
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ