看護の教育学序説
  • Googleプレビュー

看護の教育学序説 通底する臨床性
杉山喜代子

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1999年08月30日
  • 著者/編集:   杉山喜代子
  • 出版社:   ゆみる出版
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  182p
  • ISBNコード:  9784946509216

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
看護学は看護についての学である。看護は実践であり、それを通しての経験である。ゆえに実践と経験こそが第一に考えられるべき学的対象である。そして、実践の学としての看護学においては、その経験のもつ教育学的意味をしっかり捉える必要がある。「どのように体験し、それをどのように振り返るのか」がその学問の質をつくり、看護教育の臨床性に深い意味をもつからである。本書は、その臨床性を看護の専門教育の中に位置づけようとするものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 看護基礎教育における教育実践(看護基礎教育における学生の状況/授業実践)/第2章 臨床実習の学びの様相(臨床実習における学生の体験世界/臨床実習の捉え直し)/第3章 継続教育における共生の歩み(臨床看護研究における看護婦の体験/共同研究活動における看護教員の体験)/第4章 看護の教育学序説(看護学教育の臨床性/看護における教育と方法)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,376円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ