楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
いい日にしようね!
  • Googleプレビュー

いい日にしよう、ね! いのちを見つめるドクターの“ほのぼの日記”
細谷亮太

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

???????拷?絎??1???????若??潟?????潟?
楽天Kobo 電子書籍版 いい日にしよう、ね! 972円
紙書籍版 いい日にしよう、ね! 1,404円

商品基本情報

  • 発売日:  2011年04月
  • 著者/編集:   細谷亮太
  • 出版社:   主婦の友社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  191p
  • ISBNコード:  9784072775004

商品説明

雑誌『ゆうゆう』に連載中の、日記形式の人気エッセイ。小児科医として出会った子どもたちとのことだけでなく、小児がんの子どもたちのためのキャンプを10年以上続け、それをドキュメンタリー映画としてまとめた話、日本各地そして海外へ上映会や講演会で訪れたときの出来事、北海道滝川市に建設中の難病の子どもたちのキャンプ場「そらぷちキッズキャンプ」のこと、俳句会のこと、家族のこと、故郷山形の話、忙しい合間を縫って訪れた映画やお芝居、展覧会で感じたことなど、やさしい語り口で書き綴られた小児科医の日常から浮かび上がってくるのは、かけがえのない「いのち」の大切さ、人とのふれあい、そして人生とは、幸福とは……。「この世の中に生まれてきた人は皆で助け合いながら生きなければならない」と、もの心着いて以来、ずっと思い続けてきたという著者。生きていく上での大切なことを、常にいのちと向き合う医師だからこそ、気づかせてくれる一冊です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
約40年間、小児科医を続けてきた著者が、小児がんなどの難病を抱える子ども達のそばで考えたこと。涙もろくて食いしん坊、西へ東へと忙しく走り回る細谷先生の素顔が見える、ほのぼの日記。

【目次】(「BOOK」データベースより)
亡くなった人を思って流す涙は、亡くなった人からの贈り物だという/短い間だけれど、この世に存在した麻意ちゃんが結んでくれた不思議な縁/父の死に顔は、立派に生きた男としての威厳に死が安らぎを与えていた/学習障がいや情緒障がいの子ども達が絵本を読み聞かせる「読み聞かせられ犬」/治ることなど考えられなかった小児がんが、ここ三十年ほどの間にどんどん克服されている/翌日からの学会の景気づけに、シカゴ・カブスの福留孝介選手を見に出かけた。が…/盆と正月とたまの国民の祝日だけが休みの私にとって、久しぶりの「いい日」/仏教徒の私が四十年近くも聖路加国際病院で働いているのは聖公会の寛容さによるものかもしれない/映画『おくりびと』の主人公に、病気との壮絶な闘いの果てに亡くなった子ども達に化粧してくれる看護師さんが重なる/英国からのお客様、チャールズ皇太子夫人のカミラさんが小児病棟を訪問された〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
細谷亮太(ホソヤリョウタ)
聖路加国際病院副院長・小児科部長。1948年、山形県生まれ。72年東北大学医学部卒業後、77年まで聖路加国際病院小児科に勤務。小児がんの最先端治療習得のため、78年から3年間、テキサス大学M・D・アンダーソン病院がん研究所に赴任。80年より、聖路加国際病院小児科に復職。専門は小児血液・腫瘍学、小児保健など。新聞や雑誌にコラムやエッセイを発表する一方、俳人としても活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ