「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに
  • Googleプレビュー

「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに 生きづらさを考える (岩波ブックレット)
貴戸理恵

561円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2011年04月
  • 著者/編集:   貴戸理恵
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  63p
  • ISBNコード:  9784002708065

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
学校や職場で重視される「コミュニケーション能力」や「社会性」。しかし、人と人の関係の産物であるコミュニケーションを、個人的に内在する能力のように考えてよいのだろうか。「学校に行かない/働かない人」を「社会性がない」と断じるまえに、彼ら/彼女らと「働いて自活している人」との関係を振り返り、両者のよりよいコミュニケーションを模索する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「個人」と「社会」のあいだ(「関係性の個人化」が起きている/届かない社会要因論 ほか)/2 不登校からみる「関係的な生きづらさ」(「理由なく学校に行かない子ども」が問いかけるもの/長期欠席出現率の変化 ほか)/3 なぜ「私たち」は「彼ら」を聞けないのか(「社会のせい」と「自己責任」のあいだ/「生きづらさ」をめぐる六つの語り ほか)/4 「わたし」のポジションから考える(生きづらいのは誰か/「関係」で考えるメリット・デメリット ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
貴戸理恵(キドリエ)
1978年生まれ。関西学院大学助教。社会学、教育社会学。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 不登校など生きつらさへの理解
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年05月31日

    今は大学教師になった、不登校当事者本人の書。生きづらさを味わう人を、時代の流れのなかで、分析してあります。親として読んでみて、示唆をうけました。子どもを大事に思う為に。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年08月14日 - 2017年08月20日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 心理学:第2244位(↑) > 心理学:第926位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

561円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ