【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
中米の世界史
  • Googleプレビュー

中米の世界史
島崎博

3,456円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2000年01月13日
  • 著者/編集:   島崎博
  • 出版社:   古今書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  366p
  • ISBNコード:  9784772250344

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、中米を舞台にくりひろげられた「土地と人々のふれあい」を追った地誌である。中米には、さまざまな目的をもつ人々が去来した。航海家、征服者(コンキスタドーレス)、海賊、事業家、空想家;山師、戦略家など、とりどりの面相があった。スペイン、イギリス、スコットランド、フランス、アメリカと欧米諸国の働きかけもあった。ここは常にゲオポリテック上の焦点であった。これら外域からの人々や国家は、ここでどんな体験をしたのか。その行動は、過去、現在、未来の中米の地域性にどう結びつくのか。それらはどのような、期待どおりの、あるいはそれとは裏腹の結果をうんだのか。この地をふるさととした人々は、どのような影響を受け、どう自らの活路を切り開いてきたのか。異邦人は住民を酷使し、資源を収奪し、地味を奪い、この地の為政者の地位や運命を左右し、大衆に大きな犠牲を強いてきた。中米は、世界各地の人々や国家が自らの欲望や構想を満たすための場所として利用されてきた。本書のタイトルの「中米の世界史」という言葉に、こうした世界史上における通廊としての中米の地域性を託している。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 先住民の生活舞台/2 新大陸発見者の渡来/3 スペイン征服者の侵略/4 スペイン領アメリカ植民地の諸相/5 世界の広がりのなかで/6 欧米の働きかけ/7 国際商業体系の一環/8 活路を求めて

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,456円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      禅僧が教える心がラクになる生き方
      禅僧が教える心がラクになる生き方

      南直哉

      1,188円(税込)

    2. 2
      佐藤初女さんの心をかける子育て
      佐藤初女さんの心をかける子育て

      佐藤初女

      1,007円(税込)

    3. 3
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト

      東野 圭吾

      1,782円(税込)

    4. 4
      アナログ
      アナログ

      ビート たけし

      1,296円(税込)

    5. 5
      やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12
      やはり俺の青春ラブコメはまちがっている…

      渡 航

      680円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ