尊徳の風景
  • Googleプレビュー

尊徳の風景 “貧国強兵”の近代と農業
阿部実(教員)

1,543円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

  • 発売日:  2011年06月
  • 著者/編集:   阿部実(教員)
  • 出版社:   東銀座出版社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  208p
  • ISBNコード:  9784894691438

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦中、大日本帝国に利用された二宮尊徳。虚構の報徳思想は尊徳の意思にあらず。疲弊した農村を蘇生させた農政家の真髄を掘り起こす。長塚節の『土』の解説とともに、自然秩序・心的秩序と資本主義下の農業問題に切り込む。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 尊徳から学ぶ農業の行方(少年金次郎像と昭和農村恐慌/学問の風景ー万巻の書と「天地の経文」/天地の「徳」と人知ー農地再生/武家奉公体験ー報徳思想の原風景/桜町作法ー“人間と大地との対話”/農地再生の為の思想ー「天道」・「人道」そして「推譲」/経済門と道徳門ー消費社会への警鐘/「報徳」思想の独り歩きー“仕法”を継ぐ人々/「行政式仕法」の難しさー政治の壁/再び推譲についてー尊徳と河上肇の『貧乏物語』/近代報徳思想と皇道主義(膨張主義)-貧国強兵の果て)/第2部 描かれた明治後期の小作農(「農」と、生きる「空間」/『白き瓶』の世界ー藤原周平が描いた長塚節/『土』の世界と癒し)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阿部実(アベミノル)
1950年新潟県生まれ。1973年慶応大学卒業。2008年34年間の教員生活を辞め、半年間、農業体験(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,543円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ