問われる照明(仮)
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

日本の照明はまぶしすぎる 節電生活の賢い照明術 (角川oneテーマ21)
東海林弘靖

781円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2011年08月
  • 著者/編集:   東海林弘靖
  • 発行元:   角川書店
  • 発売元:   KADOKAWA
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  183p
  • ISBNコード:  9784047103009

商品説明

日本の夜は明るすぎた!?--今こそ、本当に必要な光とは何かを考える
“明るさ”に対する日本人の意識を変えてしまった震災後の節電問題。光を消せばエコなのか? 暮らしに最適な明るさとは? 世界の照明事情や日本人と明かりの歴史を交えながら“光の価値”を解き明かす

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本当に必要な明るさとは?光を観察する6大ポイント。これだけは知っておきたい快適な光の味わい方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本の家は明るすぎる/第2章 日本人と明かりの歴史/第3章 世界各国の照明事情/第4章 ヒトは光にコントロールされている/第5章 今すぐに出来る光のダイエット/第6章 光の味わい方を知る/付録 ライティング男子度&女子度チェック

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
東海林弘靖(ショウジヒロヤス)
1958年、福島県生まれ。照明デザイナー。工学院大学大学院建築学専攻修士課程修了。光と建築空間との関係に興味を持ち、建築デザインから照明デザインの道に入る。90年より地球上の感動的な光と出会うために世界中を探索調査。アラスカのオーロラからサハラ砂漠の月夜など自然の美しい光を取材。2000年、LIGHTDESIGN INC.を設立。超高層建築のファサードから美術館、図書館、商業施設、レストラン・バーなどの飲食空間まで幅広い光のデザインを発表。国際照明デザイナー協会プロフェッショナル会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

781円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    2. 2
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    3. 3
      ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
      ついに「愛国心」のタブーから解き放たれ…

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    4. 4
      旭日、遥かなり(6)
      旭日、遥かなり(6)

      横山信義

      972円(税込)

    5. 5
      消費税は下げられる! 借金1000兆円の大嘘を暴く
      消費税は下げられる! 借金1000兆円の大…

      森永 卓郎

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ