フランスの貧困と社会保護
  • Googleプレビュー

フランスの貧困と社会保護 参入最低限所得(RMI)への途とその経験
都留民子

6,480円(税込)6,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2000年03月10日
  • 著者/編集:   都留民子
  • 出版社:   法律文化社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  234p
  • ISBNコード:  9784589024152

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、フランスで、最初の一般的な最低限所得保障制度である「参入最低限所得」制度の内容と実態を分析したものである。その前提として、RMI制度が創設された背景-フランスの貧困、MRI制度に至るまでの「貧困との闘い」、そして「排除との闘い」を叙述した。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序 本書の問題意識/第1部 フランスの貧困(pauvret´e)(「栄光の30年」における貧困-残余とされた貧困/貧困の発見(1974年)-経済成長神話の崩壊/1980年代の「新しい貧困」-失業の顕在化と生活の不安定化/排除(exclusions)-貧困の拡大・深化)/第2部 貧困に抗する社会保護-参入最低限所得(RMI)制度への途とその経験(RMI以前の社会保護制度と現代的貧困/参入最低限所得(Revenu minimum d’insertion:RMI)制度)/終 フランスの「貧困および排除との闘い」から学ぶもの

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

6,480円(税込)6,000円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ