【12月9日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
新潮選書政治家はなぜ「粛々」を好むのか漢字の擬態語あれこれ
  • Googleプレビュー

政治家はなぜ「粛々」を好むのか 漢字の擬態語あれこれ (新潮選書)
円満字二郎

1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

商品基本情報

  • 発売日:  2011年10月
  • 著者/編集:   円満字二郎
  • 出版社:   新潮社
  • サイズ:  全集・双書
  • ページ数:  234p
  • ISBNコード:  9784106036903

商品説明

そもそもは鳥の羽ばたきの音だった「粛々」。他にも、堂々、酩酊、辟易、溌剌など様々な例を取り上げ、中国で生まれ日本で育った漢字文化の特異な歴史を探る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
復興に向けて粛々と努力します。-政治家や役人がよく使う「粛々」ということばは、元をたどると、古代中国で鳥が羽ばたくようすを表す擬態語だった。我々がふつうに使っている漢字の熟語の中には、このように元は擬態語だったものが、実は多数含まれている。それらは元はどういう意味で、どのように輸入されて「日本語化」していったのか…。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ そのことばはどこから来たか?/第1章 “漢字の擬態語”入門/第2章 中国語から日本語へ/第3章 受け継がれる“ことば”/第4章 変化の中のきらめき/エピローグ “ことば”の大河のほとりで

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
円満字二郎(エンマンジジロウ)
1967年、兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し、高校国語教科書や漢和辞典などの編集を17年近く担当。現在、フリーの編集者兼ライターとして、主に漢字文化関係で仕事を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,296円(税込)1,200円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

1,037円(税込)

紙書籍版 1,296円より
259円(19%)お得

電子書籍版商品について

電子書籍版商品について

楽天Koboの電子書籍とは?

・楽天Koboの電子書籍をご覧になるには楽天Kobo無料アプリもしくは対応端末が必要です。楽天Koboの概要についてはこちらをご覧ください。

対応端末

・商品によって閲覧できる端末は異なる場合があります。詳細は商品ページでご確認ください。

楽天Kobo会員登録について

・初めて楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックスにて電子書籍をご購入いただく際に、楽天Koboの利用規約画面が表示されます。
楽天Koboの利用規約に同意いただくと、電子書籍の購入及びサービスをご利用いただくことができます。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ