古典語の構文
  • Googleプレビュー

古典語の構文
中村幸弘

2,160円(税込)2,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2000年03月
  • 著者/編集:   中村幸弘碁石雅利
  • 出版社:   おうふう
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  187p
  • ISBNコード:  9784273031138

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
古典文法は、高校生用教科書で止まってしまっています。そして、それでは文章としての日本古典を読んでいくことはできません。ところが、表現形式にちょっと注目したら、意外なほどすらすら読めていけるのです。その手がかりを提供していこうとするのが、本書です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
係り結びはどこで行われるか?/非表出の格関係をどうとらえるか?/準体法をどうとらえるか?/同格とはどんな構文か?/知覚内容はどう表されるか?/評価を表す構文とはどんなものか?/挿入文とはどんな形式か?/対偶中止とはどんな構文か?/同じ格は並立されるか?/「連体止め」は感動を表すだけか?〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
碁石雅利(ゴイシマサトシ)
1955(昭和30)年生まれ。1982年、国学院大学大学院文学研究科博士課程後期満期退学。現在、聖徳大学短期大学部助教授。国学院大学・二松学舎大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,160円(税込)2,000円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ