子どもの気になるクセを治して「自分からできる子」に育てる本
  • Googleプレビュー

叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本
奥田健次

1,512円(税込)1,400円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2011年12月
  • 著者/編集:   奥田健次
  • 出版社:   大和書房
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  222p
  • ISBNコード:  9784479782377

商品説明

叱りつけなくても、細かく指示出ししなくても、「肯定」と「賞賛」で子どもは劇的に変わります! お母さんの悩みを一気に解決する本。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ひとりで早起き、片づけ、お手伝い…「子育てブラック・ジャック」が教える、子どものベストを引き出す子育てのコツ。0歳〜小学生思春期にも応用可能。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 子どもによい習慣を身につけさせるには「叱りゼロ」で(「片づけ大好き」な子どもに育てる褒め方と褒め言葉/約束を破ったときに叱るよりも、できたときに必ず褒めるほうが効果的です/「自分から進んでやる子」に育てるには、「偶然」のタイミングが大切です/子どもが真剣にやったことなら、褒めポイントを探して百通りの言葉で褒めましょう)/2章 子どもの性格ではなく行動の特徴に注目すれば、気になるクセも直せる(危険なクセ、どうしてもやめさせたいクセを直すには?/「性格」のせいにして叱るだけになっていませんか?/「なんでできないの?」「どうしてやらないの?」と問い詰めても、子どもの行動は変わりません/子どもの「すねるクセ」も、親の対応次第で変えられます)/3章 子ども主導ではなく親主導が「我慢できる子」を育てます(先延ばしにしたがる子に一度で言うことを聞かせるコツ/「やっちゃダメよ」を守れる子にするためには/納得できないとすぐキレる子に育てていませんか?)/4章 「自分からやる子」に育てるために大切な「子育てビジョン」(「こんな子に育ってほしい」と具体的に言えますか?/子どものやる気を引き出すちょっとした仕掛け/子どものピンチに一緒に向き合うために大切なこと)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
奥田健次(オクダケンジ)
登校拒否の子から発達障害のある子の問題行動まで、たちどころに直す手腕から「子育てブラック・ジャック」の異名をとる心理臨床家。専門行動療法士、臨床心理士。現在、桜花学園大学人文学部准教授。わが国において家庭出張型セラピー『自閉症児のための家庭中心型指導(home-based intervention)』を開始した草分け的存在であり、全国各地で家族支援を行なっている。その後、ABAソリューションを立ち上げ、日本のみならず世界各国からの治療要請に応えている。行動上のあらゆる問題を解決に導くアイデアと技術、指導プログラムの緻密さは他の追随を許さないと、国内外の関係者から絶賛されている。1999年、内山記念賞(日本行動療法学会)を受賞。2003年、日本教育実践学会研究奨励賞受賞。2008年、第4回日本行動分析学会学会賞(論文賞)を受賞し、行動科学系の二大学会で初のダブル受賞者となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • ちょっと合わないかも…
    mitsuemi
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2012年06月12日

    読み進む内に、この人とは気が合わないな…という気持ちになりました。
    多分、子育てに対する、基本的な姿勢が合ってないんだと思います。
    うちの娘は、最近幼稚園に行きたがらないので、
    その項目があった時は「お!!」と嬉しくなりましたが、
    解決法を読んで、ガックリしました。
    (ざっくり書くと、家を幼稚園よりも楽しくない場所にする…という感じです)
    んん〜…。
    私としては、幼稚園より家が楽しい場所であってほしいし、
    1番くつろげて、自分の居場所として安心する場所であってほしいんですよね。
    その部分を読んでからは、もうあまり他の言葉も頭に入ってこなかった…。
    期待したいただけに、残念でした…。
    もう一度ちゃんと読んで、意見が変わったらレビュー書き直します。

    7人が参考になったと回答

  • 今までになかったタイプの子育て本
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年02月24日

    「叱らない子育て」という理想ばかりはあるのですが、そうしたいと思っていてもなかなかできないということではないでしょうか。私も些細なことで叱ってばかりで他のお母さんたちと会うと決まってあれで叱ったこれで叱ったという話になってしまいます。
    そこでこの本を見つけて手に取りました。叱るのはやめようと思っていても、子どもがわがままに育つくらいなら多少はきつく叱るのも必要なんて思っていましたが、この本を読んで、ええ〜こんなことができるの? こんなやり方があるの? という連続でした。親からしてみれば、今までの考え方を改めなくてはと反省しつつ読み進めていくと、「今日は“すみやき亭”だ」「いや今日は“餃子の金将”だ」と思わず笑ってしまう、でも「あるある」という内容も満載で、あっという間に読んでしまいました。中には著者自身が「ひどい回答でしょう?」と書かれているところもありましたが、それを実践することで子どもだけでなく親も成長していくんだなあと感心してしまいました。子育て中の方にぜひお薦めします。

    5人が参考になったと回答

  • 叱らない、とは違う
    Jewelpop
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年05月27日

    子供に親の言うことを聞かせたかったら
    叱るより褒めたほうが断然効果がある、という内容です。
    褒める場面がくるまで親は耐えなければいけません(笑)。
    内容はとても参考になりましたが、
    タイトルから期待していた内容とはちょっと違いました。
    タイトルとして「叱りゼロ」の方がインパクトがあるのでしょうけど
    「褒めて」のほうがぴったりです。
    叱りゼロにする方法ではないです。
    でも実際に使える技で、こちらの本のおかげで叱ることが減ったと思います。

    4人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)1,400円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      九十歳。何がめでたい
      九十歳。何がめでたい

      佐藤 愛子

      1,296円(税込)

    2. 2
      身近な人が亡くなった後の手続のすべて
      身近な人が亡くなった後の手続のすべて

      児島明日美

      1,512円(税込)

    3. 3
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    4. 4
      夫のちんぽが入らない
      夫のちんぽが入らない

      こだま

      1,404円(税込)

    5. 5
      疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい
      疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい

      寺林陽介

      1,188円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ