被疑者取調べとその適正化
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 法律 > 法律

被疑者取調べとその適正化
多田辰也

7,560円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2000年04月01日
  • 著者/編集:   多田辰也
  • 出版社:   成文堂
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  378p
  • ISBNコード:  9784792315108

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「自白偏重捜査の改善」を基本方針としてスタートしたはずの戦後においても、取調べ受忍義務の承認、別件逮捕・勾留の多用、代用監獄必要論の強調などからも明らかなように、実務においては、捜査手段としての被疑者取調べがより強固なものにされてきた。つまり、捜査の中心は被疑者取調べにあり、その結果に基づいて公訴提起が行われるだけでなく、公判においては、取調べによって得られた供述調書(自白)による事実認定が常態化しているのである。まさに、わが国の刑事手続の特色は「取調べ中心主義」にあるといわれる所以である。この点、著者は、憲法および刑訴法の精神に忠実であるためには、大幅な改善が必要であると考えている。そして、その際には、刑事手続における被疑者取調べの比重を現在よりも軽くしていくということだけでなく、被疑者の黙秘権および弁護権等を実質的に保障して取調べに対する事前規制を強化するとともに、自白法則等による事後的規制をも有効に機能させるという意味での適正化の実現、この二つの側面から問題を検討すべきであるというのが、著者の基本的な立場である。本書は、右のような観点から、過去10年以上にわたって書き溜めてきた論文を1冊に纏めたものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 刑事訴訟における被疑者取調べの地位(「自白偏重捜査の改善」から「日本的捜査の中心」へ/取調べの比重軽減化への一試論)/第2部 被疑者取調べの法的規制(被疑者取調べとその適正化/補論(裁判官準則と自白法則/弁護人の取調べ立会権/被疑者取調べの法的規制-アメリカにおける最近の議論を手掛かりに))

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

7,560円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    2. 2
      生涯投資家
      電子書籍生涯投資家

      村上世彰

      1,400円(税込)

    3. 3
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 【電子特典付き】
      電子書籍女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    4. 4
      怖い絵
      電子書籍怖い絵

      中野 京子

      734円(税込)

    5. 5
      石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの
      電子書籍石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの

      清武英利

      1,836円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ