楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
銀座と資生堂日本を「モダーン」にした会社
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > その他

銀座と資生堂 日本を「モダーン」にした会社 (新潮選書)
戸矢理衣奈

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2012年01月
  • 著者/編集:   戸矢理衣奈
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  267p
  • ISBNコード:  9784106036972

商品説明

「東京銀座資生堂」の通称そのままに、銀座の街とともに名声を高め、規模を拡大していった資生堂。大正の日本に西洋の風をもたらした企業の、優雅なるブランド戦略に迫る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大正から昭和にかけて、町の薬局にすぎなかった「東京新橋資生堂」を、国際的な化粧品メーカー「東京銀座資生堂」に育てあげたのは、創業者の三男で初代社長の福原信三(1883-1948)だ。丸の内の台頭で寂れつつあった銀座の復興に奔走し、また一流の写真家としても活躍した異能の経営者は、自らの美学をいかに貫き、全国津々浦々に西洋の風をもたらしたか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「新橋」から「東京銀座」へ/第2章 「文明ノ程度」と西洋式空間/第3章 社交界の誕生/第4章 帰朝者たちの遊び場/第5章 商品をしてすべてを語らしめよ/第6章 流行はいかに発信されたか/第7章 「人の和」による全国展開/第8章 資生堂調の原点/終章 銀座・東京・日本

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
戸矢理衣奈(トヤリイナ)
1973年生まれ。東京大学文学部社会心理学科を卒業後、同大学院総合文化研究科、サセックス大学、国際日本文化研究センターなどに学ぶ。美意識の変容をテーマに、社会史から経営史まで幅広く研究。2010年、博士号(学術)を取得。独立行政法人経済産業研究所などを経て、株式会社IRIS代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ