イマドキの野生動物
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

イマドキの野生動物 人間なんて怖くない
宮崎学(写真家)

2,592円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大胆不敵、傍若無人…いったいなぜ動物たちはこれほど大胆な行動をとるようになったのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 変わりゆく動物地図ー自然環境の変化を受けて(ノウサギ盛衰記/「幻の動物」はいま ほか)/2章 外来動物、勢力拡大中ー日本の自然に溶け込む(空飛ぶハクビシン/マングースに土日はない ほか)/3章 現代の山の幸ー「餌づけ」って何?(田畑に集う動物たち/フルーツ天国 ほか)/4章 人間なんて怖くないー人慣れした新世代動物(傍若無人なサル/トラクターに群れるアマサギ ほか)/5章 サインを読みとくヒントー野生動物と向き合うために(「松枯れ」というサイン/足跡で読む動物の心理 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮崎学(ミヤザキマナブ)
1949年、長野県に生まれる。精密機械会社勤務を経て、1972年、独学でプロ写真家として独立。中央アルプスを拠点に動物写真を撮り続け、「けもの道」を中心とした哺乳類、および猛禽類の撮影では、独自の分野を開拓。現在、「自然と人間」をテーマに、社会的視点に立った「自然界の報道写真家」として精力的に活動している。土門拳賞、日本写真協会年度賞、講談社出版文化賞など、数々の賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 今自然界で何が起きているのか
    てっちゃん9638
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年03月20日

    イマドキの野生動物は、なぜ人を恐れず、大胆な行動を取るようになったのか、それは、人間が都市に集中して、自然に関心を示さなくなったことに、他なりません・・・
    宮崎学氏が、膨大な時間をかけ、日本全国を回って、確かな自然観と、高度な撮影技術で捉えた様々な写真が、視覚言語として、訴えかけてきます。
    氏の集大成とも呼べる、渾身の一冊を読まずして、今の日本の自然を語ることは出来ないかも知れません?

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

2,592円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ