【8月22日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
フクシマを歩いて
  • Googleプレビュー

フクシマを歩いて ディアスポラの眼から
徐京植

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年03月
  • 著者/編集:   徐京植
  • 出版社:   毎日新聞出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784620321288

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦争や植民地支配によって離散者となった人びとの声を刻み続けてきた著者が、原発事故で生活を破壊された人びとと向き合う。現代史の様々な苦難との関連のなかで福島の惨事を語る、3・11以後の思想的結晶!危機の時代を見透す珠玉のエッセイを併録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序にかえてー地上の有力者たちよ、新たな毒の主人よ/1 フクシマを歩いてー原発災害日録(不吉な空ー大震災の東京から/不安の日々 ほか)/2 こういう祖国ー韓国滞在その後(集団的罪と国民的責任/記憶の季節 ほか)/3 春に死を想うー身近の出来事から(韓国で入院してみると/どうして羽をつけないの?-信州だより(1) ほか)/4 予測不可能ーディアスポラから見た日本と世界(寒い、きれい、高い/フィレンツェで考える「記憶の闘い」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
徐京植(ソキョンシク)
作家。1951年、在日朝鮮人(韓国籍)二世として京都市に生まれる。1974年、早稲田大学第一文学部(フランス文学)を卒業。2000年より東京経済大学現代法学部教員となり現在にいたる。担当講座は「人権とマイノリティ」。2006年4月より「国外研究」のため韓国に滞在(2008年3月まで)。ディアスポラ(離散の民)のアイデンティティをめぐる諸問題について多様な角度から考察することを研究テーマとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

2,376円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ