30万点以上の本がポイント最大10倍
ガラテヤ共同体のアイデンティティ形成
  • Googleプレビュー

ガラテヤ共同体のアイデンティティ形成 (関西学院大学研究叢書)
浅野淳博

7,560円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年03月
  • 著者/編集:   浅野淳博
  • 出版社:   創文社(千代田区)
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  340p
  • ISBNコード:  9784423301302

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
これまでガラテヤ書研究とパウロ研究一般は思想史研究という領域に限定されて行われてきた。本書は、アイデンティティ形成の文脈と実践的諸相に着目し、パウロとユダヤ教あるいはユダヤ人キリスト者のあいだで共同体アイデンティティの形成に関する期待がいかに異なっていたかを分析し、またバプテスマ、聖霊顕現体験、遺物としての書簡が共同体アイデンティティ形成に果たした役割を明らかにする。アイデンティティ理論と境界性理論を積極的に用い、また種々の歴史的宗教共同体との類例的比較をとおして、いかにパウロが独自の共同体アイデンティティ形成を試みたかをテクストの内から読み取り、宗教の実体に注目する社会科学的批評学を通してガラテヤ書を考察した画期作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論/第1部 共同体アイデンティティ形成(社会学・人類学的理論的枠組み)/第2部 ガラテヤ共同体におけるアイデンティティ形成の文脈(パウロとインストゥルメント型の共同体アイデンティティ形成(ガラ1.11-24)/第二神殿期ユダヤ教における異邦人編入/エルサレムとアンティオキアにおける対立関係と共同体アイデンティティ形成(ガラ2.1-14))/第3部 ガラテヤ共同体におけるアイデンティティ形成の実践的諸相(アブラハムと共同体アイデンティティ形成:サラ・ハガル物語の読み直し(ガラ4.21-31)/ガラテヤ信徒の宗教的感性とアイデンティティ形成/バプテスマ共同体アイデンティティ形成:定式文三対構成の発展と機能(ガラ3.27-28)/聖霊と共同体アイデンティティ形成:アイデンティティの二面性に関する考察(ガラ5.1-6.16))/聖霊と共同体アイデンティティ形成:アイデンティティの場としての文書共有(ガラ6.11):/結論

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
浅野淳博(アサノアツヒロ)
1960年、島根県に生まれる。1984年、明治大学商学部商学科にて商学士号取得。1997年、フラー神学校にて神学修士号取得、2003年、オックスフォード大学にて博士号取得、2008年以降、関西学院大学神学部准教授ついで同教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

7,560円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ