【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
サステイナビリティと平和
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学

サステイナビリティと平和 国連大学新大学院創設記念シンポジウム (jfUNUレクチャー・シリーズ)
武内和彦

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年03月
  • 著者/編集:   武内和彦勝間靖
  • 出版社:   国際書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  173p
  • ISBNコード:  9784877912246

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
エネルギー問題、生物多様性、環境保護、国際法、サステイナビリティ学といった視点から、人間活動が生態系のなかで将来にわたって継続されることは、平和の実現と統一されていることを示唆する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 基調講演(「成長の限界」が平和に示唆するもの)/第2部 「成長の限界」が切り開いた人類の未来(サステイナビリティとエネルギー問題/成長の限界vs.生物多様性/成長の限界と歴史的推移)/第3部 サステイナビリティと平和ー多角的アプローチ(課題提起/パネル・ディスカッション)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
武内和彦(タケウチカズヒコ)
国連大学副学長。東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)副機構長。1974年東京大学理学部地理学科卒業、1976年同大学院農学系研究科修士課程修了。東京都立大学助手、東京大学農学部助教授、同アジア生物資源環境研究センター教授を経て、1997年より同大学院農学生命科学研究科教授。2005年より東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)副機構長、2008年より国際連合大学(UNU)副学長、2009年より同サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)所長を併任。日本造園学会会長、中央環境審議会委員(自然環境部会長、循環型社会計画部会長)、食料・農業・農村政策審議会委員(会長代理、畜産部会長)などを兼任

勝間靖(カツマヤスシ)
早稲田大学アジア太平洋研究科教授。早稲田大学では、国際学術院において学術院長補佐および教授、大学院アジア太平洋研究科において国際関係学専攻主任、グローバル・ヘルス研究所において所長を務める。また、日本国際連合学会事務局長(理事)、国際開発学会広報委員長(常任理事)、日本国際保健医療学会代議員、日本平和学会理事として貢献。ホンジュラスでの英国ボランティア・プロジェクト参加とカリフォルニア大学サンディエゴ校留学を経て、国際基督教大学教養学部と大阪大学法学部を卒業後、同大学院で法学修士(国際関係法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ