ペコロスの母に会いに行く
  • 画像を見る
  • Googleプレビュー

ペコロスの母に会いに行く

1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

  • ・発売日
    2012年07月
  • ・著者/編集
    岡野雄一
  • ・出版社
    西日本新聞社
  • ・サイズ
    単行本
  • ・ページ数
    191p
  • ・ISBNコード
    9784816708534

2014/4/1以降に出荷される商品には8%の消費税がかかります。

商品の詳細説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
62歳の漫画家が描く、認知症の母との可笑しくも切ない日々。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 ちゃぶ台のある家/2章 母、ひと回り/3章 母、少女になる/4章 父、来る/5章 父母の旅/エッセイ/刊行に寄せて「生きる切なさ」(詩人・伊藤比呂美)

楽天ブックスランキング情報

  • ウィークリーランキング(2014年04月07日 - 2014年04月13日)

     本:第4174位(↑) > 人文・思想・社会:第857位(↑) > 文学:第120位(↑) > その他:第117位(↑)

  • デイリーランキング(2014年04月15日)

     本:第500位(↑) > 人文・思想・社会:第93位(↑) > 文学:第25位(↑) > その他:第27位(↑)

みんなのレビュー

もっとレビューを見る

紙書籍版電子書籍版

総合評価
4.68
レビュー件数
174
  • T0416
    評価5.005.00
    投稿日:2012年07月31日

    しんみりと。

    長崎在住の60歳著者が、認知症で全てを忘れていく母親との生活を つづった作品。(まんが) 父親はAL依存症で幻覚妄想で家族にいつも迷惑をかけていた。そんな苦労を乗り越えて、年を取った母の記憶は無くなっていく・・・ 「たくさんいろんなものを見てきたから、もう忘れてもいい?」と、目で語りかける母。死ぬ間際に穏やかになった夫が毎日迎えに来て、意識だけあちこちに連れ出してくれて、それを楽しんでいる母。 著者の感性がとても豊かで、母への思い、故郷長崎の表現、全てが 心に沁みてくる。 長崎でしか手に入らず、しばらくあきらめていたこの本、ようやく読むことができました。 老いていく親、自分、家族。この先を考えるのにとてもおススメの一冊です。

  • ツインズバーバ
    評価5.005.00
    投稿日:2013年02月19日

    60代半ばにさしかかり周囲の人達との別れが多くなって淋しくなってきました。15年間の夫の介護を終えやっと自分の人生だと言っていた母も認知症が進み8年間の介護施設での人生を終えました。そんな両親の人生を想い先に逝った人達を想い涙する時があります。少し前にTV でこの本が映画化されるという話を見てその時初めてこの本を知りました。すぐにこの本を読んで見たくなりブックスさんへ・・・在庫確認になっていましたが4日目には届いたのでいっきに読んでしまいました。大変な経験を幾つも乗り越えて来て現在は認知症が進んだ母親の介護の日々を切なくもユーモラスに描いてあるので読んでいる私も涙を流しながらも思わず笑ってしまったりして・・・読んで見て下さい。本当に良い本です☆ (ペコロスはたまねぎの意)長崎の方言の注釈が絵の横に小さく書いてありますよ!

  • gonta2301
    評価5.005.00
    投稿日:2012年10月02日

    切なくなります。

    認知症とは、本人としては今を生きているのではなく、 人生さかのぼっているんでしょうか… 老いとは、重荷を降ろしていくこと。 生まれて少しずつ荷物を背負い、降ろしていく。 これからの高齢化社会、読んでおきたい1冊。 いい買い物しました。映画化ということですが、見に行きたいです。

ご購入はこちらから

  • 1,296円(税込)1,200円(税抜)
    送料無料

  • あす楽午前中に注文完了分は当日発送

    のご注文で   ()にお届け

    翌日配送「あす楽」利用条件

    午前中のご注文完了分は翌日お届け。
    土日・祝日も毎日発送いたします。
    利用条件の詳細はこちら

    翌日配送 対応可能エリア※離島など例外地域もございます。
    甲信越 新潟・長野・山梨
    関東 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
    北陸 富山・石川・福井
    東海 愛知・岐阜・静岡・三重
    関西 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
  • 個数 
  • お気に入りに追加

この商品のオークション出品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    風立ちぬ

    このページの先頭へ