猫間地獄のわらべ歌
  • Googleプレビュー

猫間地獄のわらべ歌 (講談社文庫)
幡大介

750円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 猫間地獄のわらべ歌 751円
紙書籍版 猫間地獄のわらべ歌 750円

商品基本情報

  • 発売日:  2012年07月
  • 著者/編集:   幡大介
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  445p
  • ISBNコード:  9784062773133

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
江戸の下屋敷におわす藩主の愛妾和泉ノ方。閉ざされた書物蔵で御広敷番が絶命した。不祥事をおそれ和泉ノ方は“密室破り”を我らに命じる。一方、利権を握る銀山奉行の横暴に手を焼く国許では、ぶきみなわらべ歌どおりに殺しが続くと囁かれ!?大胆不敵なミステリ時代小説。文庫書下ろし。

【目次】(「BOOK」データベースより)
下屋敷の骸/猫間地獄のわらべ歌/月照館の殺人/春の足音

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
幡大介(バンダイスケ)
1968年栃木県生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒。テレビ局嘱託職員、CM制作会社などを経て、文筆業に。2008年、『天下御免の信十郎』(二見時代小説文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • おもしろすぎ!!笑えた!!
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年12月24日

    今年1番買って良かった本です。ミステリ、推理小説ある程度読んでいる方に読んでほしい一冊。東野圭吾の「名探偵の掟」を楽しめた人なら特に鉄板です。
    ミステリのお約束&お約束破りがてんこ盛り。最後の最後まで「そう来たか〜!」みたいなトリックが満載です。本当に、ここまで書くか!みたいな内容で、笑えました。
    自称?バカミスですが、それだけでなく、内容も興味深く読める要素があって、本当に買いの一冊です。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年09月11日 - 2017年09月17日)

     :第-位( - ) > 文庫:第5634位(↑) > 人文・思想・社会:第5091位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

750円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾

      734円(税込)

    2. 2
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    3. 3
      銀翼のイカロス
      銀翼のイカロス

      池井戸 潤

      820円(税込)

    4. 4
      カエルの楽園
      カエルの楽園

      百田 尚樹

      561円(税込)

    5. 5
      花咲舞が黙ってない
      花咲舞が黙ってない

      池井戸 潤

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ