30万点以上の本がポイント最大10倍
日本軍の敗因[藤井非三四]
  • Googleプレビュー

日本軍の敗因 「勝てない軍隊」の組織論
藤井非三四

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
太平洋戦争の敗北は、「日本軍」すなわち帝国陸海軍という「組織」、ひいては日本の「社会」そのものが抱えていた欠陥が原因だった。忘れられた「自存自衛」という戦争目的、独断専行と暴走の曖昧な境目、傷病兵を見捨てる体質など、日本軍は多くの問題と欠陥を抱える組織だった。本書では、「組織論」と「社会学」を駆使し、帝国陸海軍の集団としての、また、その構成員の問題点を検証することで、太平洋戦争における日本軍の敗因を考察する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「目的意識」を堅持できない体質/第2章 見失った「戦う集団」の基本/第3章 「群集化した集団」の恐怖/第4章 「管理者不在」の武装集団/第5章 「独断専行」と「下克上」/第6章 整理されていなかった「政軍関係」/第7章 希薄だった「社会に対する責任感」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤井非三四(フジイヒサシ)
1950年生、神奈川県出身。中央大学法学部卒、国士舘大学政治学研究科修士課程修了。朝鮮戦争史専攻。(財)斯文会、出版社勤務の後、編集プロダクション「FEP」を設立、主に軍事関連書籍の企画、出版に当たる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ