1941日系アメリカ人と大和魂[すずきじゅんいち]
  • Googleプレビュー

1941 日系アメリカ人と大和魂
すずきじゅんいち

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年09月
  • 著者/編集:   すずきじゅんいち
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  269p
  • ISBNコード:  9784163756301

商品説明

強制収容所の暴動、442連隊の死闘、人間秘密兵器と呼ばれた情報部隊。日系史映画を作った監督が発掘した「二つの祖国」の真実。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アメリカ滞在11年。『東洋宮武が覗いた時代』『442 日系部隊』『二つの祖国で』を製作、知られざる日系人の貴重な歴史を記録した映画監督が書き下ろす、体験的アメリカ論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
まえがき 日系史映画三部作をつくるきっかけ/第1章 東洋宮武と強制収容所/第2章 日系社会からの反響/第3章 442連隊の大和魂/第4章 わが妻「榊原るみ」さん/第5章 交通事故とアメリカの医療制度/第6章 MISと帰米/第7章 帰国

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
すずきじゅんいち(スズキジュンイチ)
本名・鈴木潤一。1952年神奈川県生まれ。東京大学卒業後、日活に助監督として入社。81年、『婦人科病棟・やさしくもんで』で監督デビュー、『マリリンに逢いたい』『砂の上のロビンソン』『秋桜』など二十二本の劇映画を監督する。2001年、女優の榊原るみと結婚。以降、十一年にわたってアメリカ在住。日系アメリカ人社会との出会いから、戦時下の日系人の歴史を記録することを決意(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 映画も観たくなりました。
    わんにゃん0101
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年09月24日

    ブルーレイに録画していた日系アメリカ人のドラマを久しぶりに観て日系アメリカ人の歴史を知りたくなって検索したところ偶然この本に出会いました。
    現在アメリカ在住の日本人映画監督が日系アメリカ人について書かれた物で、大変読みやすかったです。
    アメリカ在住の日本人で実際日系アメリカ人の方々とも交流があることで、ある種客観的に書かれていますが、重すぎず軽すぎず大変興味深く読むことができました。
    年末に日系アメリカ人3部作最終のドキュメンタリー映画があるそうなので是非観たいと思いますし、先の2つの映画も観ようと思っています。
    ちなみにタイトルの「1941」は私の母が生まれた年で、そのせいか私が読んでると「その本何?」と珍しく聞いてきました。
    まだ読んでる途中だったので概要を説明すると母(読書好き)もこの本に興味を持ったようで、私の後に読む予定です。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,620円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ