言語と貧困[松原好次]
  • Googleプレビュー

言語と貧困 負の連鎖の中で生きる世界の言語的マイノリティ
松原好次

4,536円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年08月
  • 著者/編集:   松原好次山本忠行
  • 出版社:   明石書店
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  265p
  • ISBNコード:  9784750336466

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 言語的マイノリティと貧困(土地と言語を奪われてー先住民族の場合/地域語話者は貧困脱出のために母語を捨てざるを得ないのかースペイン・ガリシア語の場合/カナダの先住民の教育と貧困/ニュージーランドにおける言語の地位と格差問題)/第2部 西欧語による豊かさの追求(西欧語はアフリカを貧困から救えるのかー国語を持たない国、ガーナの場合/言語の経済性ー英語に生き残りを賭けるシンガポール/「両文三語」は香港にとって真の豊かさへの道か/韓国における貧困と英語力の関係ーEBSの挑戦)/第3部 移民の言語問題と貧困(「古郷に錦」が貧困に変わった時ー在日ブラジル人の場合/米国ラティーノ/ヒスパニックの言語と社会的向上ーニューヨーク市の事例を中心に/欧州で拡大する社会格差ーベルギーの移民と言語/「人間の安全保障」と言語政策)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松原好次(マツバラコウジ)
電気通信大学大学院情報理工学研究科教授、JACET言語政策研究会代表。東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業、横浜国立大学大学院教育学研究科修了、関東学院大学大学院文学研究科修了、博士(文学)。専攻、言語社会学、言語政策

山本忠行(ヤマモトタダユキ)
創価大学通信教育部教授、大学院文学研究科教授。桜美林大学大学院言語教育研究科非常勤講師。創価大学大学院文学研究科博士前期課程修了、国立国語研究所日本語教育長期専門研修修了、在タイ日本大使館広報文化センター付属日本語学校講師(国際交流基金派遣専門家、1981〜83)、創価大学別科日本語研修課程講師などを経て現職。この間、ナイロビ大学客員講師(1988〜89)、ウィットウォータースラント大学客員研究員(2000)などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

4,536円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    2. 2
      なにがあってもずっといっしょ
      なにがあってもずっといっしょ

      くさのたき

      1,296円(税込)

    3. 3
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    4. 4
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
      女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    5. 5
      ボクたちはみんな大人になれなかった
      ボクたちはみんな大人になれなかった

      燃え殻

      1,404円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ