今日から始める楽しい沖縄の盆栽づくり
  • Googleプレビュー

今日から始める楽しい沖縄の盆栽づくり
弓削 次男

4,860円(税込)4,500円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書で扱う樹種も沖縄産の樹種に絞り込み、培養管理の方法も沖縄での作業に沿って解説されています。内容も詳しく系統的に記述されており、これから盆栽をはじめる初心者はもとより、ベテランの方にも大変参考になります。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 盆栽の基礎知識(盆栽の心/盆栽道と芸術性 ほか)/第2章 盆栽の培養管理(盆栽の置場・棚/盆栽の水やりの管理 ほか)/第3章 沖縄の盆栽(沖縄の盆栽/沖縄の樹種別培養管理)/第4章 草もの(草もの)/第5章 資料(沖縄の盆栽樹種と植えかえ時期/沖縄の草もの適応種 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
弓削次男(ユゲツギオ)
昭和9年石垣市で生まれる。昭和33年東京農業大学・農芸化学科を卒業。琉球政府・中央農業研究指導所(農業試験場の前身)を振り出しに、県立農林高校教諭、37年間勤務。平成7年定年退職。その過程で昭和39年東京都立園芸高校で研修中、同校で徳川三代将軍遺愛の松(五葉松二鉢)と管理者石川保太郎教師と出会い、盆栽の魅力に感動しました。その時石川先生の紹介で小出信吉先生(松竹園・盆栽協会設立主任・後に同協会理事長)と竹山房造先生(芙蓉園・竹山浩先生のご尊父・日本盆栽組合常任理事・協会設立委員・後に沖縄の盆栽界の生みの親)に出会い、盆栽の尊さを学ぶ。昭和40年高貴な趣味として実生から盆栽を志し、小菊盆栽も始める。平成2年協会の応募論文、三席に入選。『盆栽と生きがい設計』盆栽春秋に全文紹介。平成3年協会から功労表彰状を受ける。執筆に『盆栽春秋』(協会月刊誌)「ガジュマルの盆栽」2回執筆。『盆栽大事典』(協会編)「ガジュマルの盆栽」執筆。『緑と生活』(新報出版月刊誌)「沖縄の盆栽」49回執筆連載。『沖縄園芸百科』(新報出版)「盆栽編」、監修と執筆。現在、日本盆栽協会那覇支部長、沖縄県支部連合会顧問

比嘉正喜(ヒガセイキ)
昭和4年石垣市で生まれる。昭和20年国民学校高等科2年・終戦。3年後沖縄で建設業の仕業にはいる。昭和28年兄弟で比嘉家具店設立経営、以後22年継続。昭和50年弟に比嘉家具店の経営権を譲り、盆栽の道を志す。コザを中心に盆栽愛好者15人で沖縄盆栽同好会を設立し会長になる。昭和51年日本盆栽協会沖縄県支部を設立、初代会長に就任(10年務む)。昭和52年正樹園と盆栽教室を開設。昭和53年第52回国風盆栽展に出展(オオハマボウ)、初入選を果たす。以後自ら沖縄の樹種で作出した盆栽を十数回以上の入選を果たし、これまで盆栽教室の弟子も150人以上に達し、国風盆栽展に挑戦させ毎年5〜6席入選を果たしている。沖縄の盆栽界の躍進のために役立てたいと、盆栽の道に励み弟子の指導に専念している。昭和59年協会から功労表彰状を受ける。執筆に『盆栽世界』(樹石社編・月刊誌)「南国の盆栽」7回執筆連載。『盆栽大事典』(協会編)「沖縄の樹種」を執筆、『沖縄園芸百科』(新報出版)「盆栽編」執筆。現在、日本盆栽協会沖縄県支部連合会および沖縄支部顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

4,860円(税込)4,500円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ