火口のふたり[白石一文]
  • Googleプレビュー

火口のふたり
白石一文

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年11月
  • 著者/編集:   白石一文
  • 出版社:   河出書房新社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  229p
  • ISBNコード:  9784309021423

商品説明

「私、賢ちゃんの身体をしょっちゅう思い出してたよ」純粋な、ひたすらの欲情に溺れるいとこ同士の賢治と直子。出口の見えない、男と女の行きつく先は? 極限の愛と官能を描く、著者新境地!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
こんなに純粋で、他に何もない、ただひたすらの欲情に我と我が身が翻弄されるのは実に久しぶりだった。直子と一緒だった頃、俺はこんなふうに生きていたのだろうかー挙式までの五日間、抗いがたい欲情に身を任せる賢治と直子。出口の見えない、男と女の行き着く先は?不確実な世界の、極限の愛。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
白石一文(シライシカズフミ)
1958年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2000年『一瞬の光』でデビュー。2009年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞を、2010年『ほかならぬ人へ』で直木三十五賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 一気読み!
    aranjuez1338
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年11月15日

    文章の読みやすさもあり、あっという間に読み終えてしまいました。
    富士山噴火を目睫に見ながら、絶望や悲観にくれるわけでなく、今日やりたいことだけをやり、心のおもむくままに生きようとする賢治と直子。
    白石さんの作品の中で私的にベストカップルと決めていたのは「どれくらいの愛情」の正平と晶でしたが、この賢治と直子もとてもいい!
    濃厚なセックス描写より、食べ物の描写のほうによほど悶えました(笑)
    本当にどれもおいしそうでたまりません!!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】オーバーロード12 聖王国の聖騎士 上
      【予約】オーバーロード12 聖王国の聖騎…

      丸山 くがね

      1,080円(税込)

    2. 2
      銀翼のイカロス
      銀翼のイカロス

      池井戸 潤

      820円(税込)

    3. 3
      岳飛伝 11 烽燧の章
      岳飛伝 11 烽燧の章

      北方 謙三

      648円(税込)

    4. 4
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト

      東野 圭吾

      1,782円(税込)

    5. 5
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ