【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
低線量放射線被曝[今中哲二]
  • Googleプレビュー

低線量放射線被曝 チェルノブイリから福島へ (叢書震災と社会)
今中哲二

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年10月
  • 著者/編集:   今中哲二
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  229p
  • ISBNコード:  9784000285308

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京電力福島第一原発の事故により放出された放射性物質の量は膨大である。もはやわれわれは、どんなに少なく見積もっても今後数十年以上、この新たに付加された放射能と無縁で生きることはできない。広島・長崎の原爆による降下放射線量の評価、そしてチェルノブイリの放射能汚染の実態をずっと見続けてきた著者が、「福島後」をどう生きるのか、事故分析を踏まえながら語る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 福島後を生きる(福島後の時代に入った日本/放射能汚染ゼロは困難/放射能汚染に見舞われた東京 ほか)/第2部 資料ー低線量放射線被曝の考え方(低線量放射線被曝とその発がんリスク/チェルノブイリ原発事故と「死者の数」と想像力/「100ミリシーベルト以下は影響ない」は原子力村の村たな神話か? ほか)/第3部 資料ー広島・長崎原爆の放射線量評価をめぐって(広島・長崎原爆放射線量評価体系の変遷と未解決問題/広島原爆直後に行われた放射能調査活動/広島原爆の黒い雨にともなう沈着放射能からの空間放射線量の見積り ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
今中哲二(イマナカテツジ)
1950年生まれ。1973年大阪大学工学部原子力工学科卒。1976年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了(原子力工学)。1976年京都大学原子炉実験所助手。2007年より京都大学原子炉実験所助教。専門は、原子力学、環境影響評価。とくに、原子力施設がもたらす環境影響に関する研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ