[楽天スーパーSALE] 半額セール&ポイント最大7倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
【12月7日21時00分~21時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
自分の家で死にたい[村松静子]
  • Googleプレビュー

自分の家で死にたい 死に逝く人、看取る人の幸せな終末期の考え方
村松静子

1,512円(税込)1,400円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年12月
  • 著者/編集:   村松静子
  • 出版社:   海竜社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  247p
  • ISBNコード:  9784759312829

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分が望む最期を迎えるために。44年にわたって3000人を看取ってきた在宅看護師が綴る愛と感動の記録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 納得いく最期を迎えるために、今、考えておくこと(家の見慣れた佇まいや空気が安らかな死に導く/「部屋らしい部屋で死なせてください」 ほか)/2章 心に笑顔を浮かべて逝った人々(自分らしい死を演じた見事な最期/家族の怒りを爆発させた「りんご事件」 ほか)/3章 その人らしい穏やかな時間の過ごし方と家族の絆(喪失感の後に家族を襲う「反省と悔悟」/言葉以上のコミュニケーションを可能にする心遣い ほか)/4章 薬だけでは病む人の“心の痛み”は癒せない(在宅は「横になったら何でも使え」の精神で/時として、患者の希望と医師の判断のズレがもたらすもの ほか)/5章 死に逝く人、看取る人の幸せな考え方(大切なことを気づかせてくれた家族のひと言/在宅では「家族ありき」という固定観念を捨てること ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
村松静子(ムラマツセイコ)
1947年、秋田県生まれ。在宅看護研究センターLLP代表。日本赤十字九州国際看護大学客員教授。筑波大学大学院教育研究科修士課程カウンセリング専攻修了。日本赤十字社医療センターICU初代看護師長を経て、83年からボランティア訪問看護の活動を開始。86年、在宅看護研究センターを興す。92年、日本在宅看護システム株式会社設立。現在、開業ナース・臨床心理士・看護教員の顔を持ち、その時代に合った看護を追及している。2011年、「開業ナース」としての活動が認められ、赤十字国際委員会が顕著な功績を上げた看護師に授与する「フローレンス・ナイチンゲール記章」を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)1,400円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ