ジェネラティブ・アート[マット・ピアソン]
  • Googleプレビュー

ジェネラティブ・アート Processingによる実践ガイド
マット・ピアソン

2,592円(税込)2,400円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ロジカルにカオスと戯れる。それがジェネラティブ・アート。アーティストのためのプログラミング言語「Processing」を使って、美しく予測不可能な「ジェネラティブ・アート」をスケッチしよう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 クリエイティブ・コーディング(ジェネラティブ・アート:理論と実践/Processing:アーティストのためのプログラミング言語)/2 ランダム性とノイズ(線を引く間違った方法/円を描く間違った方法/次元を加える)/3 複雑性(創発/自律性/フラクタル)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ピアソン,マット(Pearson,Matt)
クリエイティブなプログラマ。フリーランスでやってきて、ロンドンの国立肖像画美術館、クリーブランド美術館、パース芸術祭、BBC、ビクトリア&アルバート美術館、ロンドン、シカゴ美術館、バンクーバー人類学博物館、パラマウント映画、英国政府と仕事をしてきた。英国のブライトンに暮らしている

久保田晃弘(クボタアキヒロ)
1960年生まれ。1988年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了・工学博士。多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授。衛星芸術(artsat.jp)、バイオアート(bioart.jp)、デジタル・ファブリケーション(fablabjapan.org)、自作楽器によるサウンド・パフォーマンス(hemokosa.com)など、さまざまな領域を横断・結合するハイブリッドな創作の世界を開拓中

沖啓介(オキケイスケ)
アーティストとして多摩美術大学の学生のころから現代美術の作品を国内外で発表しはじめ、またビデオアート、パフォーマンス、電子音楽などのメディアアートに深く関わる。カーネギーメロン大学STUDIO for Creative Inquiry研究員を経て、東京造形大学特任教授、名古屋造形大学客員教授のほか、早稲田大学理工学術院基幹理工学部表現工学科、武蔵野美術大学デザイン情報学科などで教えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

併せて買いたい関連商品

シリーズ作品

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,592円(税込)2,400円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ