期間限定 全品ポイント10倍以上!開催期間:3月24日(金)00:00から3月31日(金)23:59まで いつでも全品送料0円

上記キャンペーンの開催に伴い、期間中のご注文は発送が遅れる可能性がございます。

近現代における茶の湯家元の研究[廣田吉崇]
  • Googleプレビュー

近現代における茶の湯家元の研究
廣田吉崇

4,320円(税込)4,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

獲得ポイント内の「アイテムボーナスポイント分」が10倍より少ない場合、不足分のポイントを後日付与いたします。

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年12月
  • 著者/編集:   廣田吉崇
  • 出版社:   慧文社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  412p
  • ISBNコード:  9784863300590

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
茶の湯などの伝統文化に欠かせない存在である「家元」。このような家元のあり方は、いつの時代にはじまるのか。家元と天皇・皇族との間には、どのような歴史があったのか。本書は、近現代の茶の湯に焦点をあてて、家元が現代の姿に至る歴史的変遷を明らかにする。茶道家、茶の湯研究者、日本近代史家に必携。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 茶の湯の歴史における家元の存在/第1章 家元と天皇との距離ー献茶にみる家元の社会的地位の変遷/第2章 明治前期の喫茶文化の状況ー「貴紳の茶の湯」と“中小流派”/第3章 創られる家元ー流派が“家元”を要求する/第4章 第二次世界大戦後における茶の湯イメージの転換ー裏千家千宗興の渡米が意味するもの/第5章 千宗旦の出自をめぐる「利休血脈論争」-貴種化する家元/終章 まとめと課題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
廣田吉崇(ヒロタヨシタカ)
昭和34年(1959)生まれ。昭和60年(1985)東京大学法学部卒。平成7年(1995)阪神・淡路大震災を機に茶の湯研究をはじめる。平成24年(2012)神戸大学大学院国際文化学研究科文化相関専攻博士課程修了。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 読み易い
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年04月16日

    茶道仲間に薦められて購入。内容は学術論文だが、とても読み易く面白い。当時の社会の動きと各流派の家元、特に同門の頂点の家元の功績が今に繋がっているのが分かる。日本の伝統文化と言われる茶道、近代から現代に至る多くの流派の点前や行事の継承はとても大切だと思う。文化は日常生活の中にあると思うので、どのように便利な生活になっても、日本の四季折々の季節感を大事にしたい。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,320円(税込)4,000円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ