【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
水の透視画法[辺見庸]
  • Googleプレビュー

水の透視画法 (集英社文庫)
辺見庸

734円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年02月
  • 著者/編集:   辺見庸
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  342p
  • ISBNコード:  9784087450354

商品説明

われわれに3.11を語る言葉はあるのか?
震災と原発禍にほのかな既視感を覚えた作家は、身体の内に泡立つ予感と外側を掠める兆しの両様に耳をそばだてる。日々の細部と世界規模のマクロを融合し詩的文章で綴る、かつてない形の文明批評。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大地が揺れ海が盛り上がり、見たこともない火柱が立つー3.11を予見していた作家が、震災に至る3年の間、日常の底に潜むかすかな兆しを丁寧にすくいとって描いた77篇の随想。わたしたちに本当は何が起きたのか、わたしたちは今、どこへ向かっているのか…。視えざる全体主義にからめとられた現代社会を抉る、胸ゆさぶる魂の言葉、黙示録的文明批評。文庫化にあたり、新たな視座を加筆。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1(絵入り洋燈と観覧車/栴檀の大樹の下で/永久凍土のとける音 ほか)/2(たけのこ懐石/ことばに見はなされること/断念の沼のカエルたち ほか)/3(堕落した神/痛みのめぐみ/よるべきはなにもなし ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
辺見庸(ヘンミヨウ)
1944年宮城県石巻市生まれ。作家。70年、共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、外信部次長、編集委員などを経て、96年退社。78年中国報道で日本新聞協会賞、87年中国当局から国外退去処分を受ける。91年『自動起床装置』で芥川賞、94年『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞、2011年詩文集『生首』で中原中也賞、12年詩文集『眼の海』で高見順賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

734円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾

      734円(税込)

    2. 2
      銀翼のイカロス
      銀翼のイカロス

      池井戸 潤

      820円(税込)

    3. 3
      花咲舞が黙ってない
      花咲舞が黙ってない

      池井戸 潤

      799円(税込)

    4. 4
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    5. 5
      牡丹色のウエストポーチ
      牡丹色のウエストポーチ

      赤川次郎

      669円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ